寝た子を起こすナ!

ジン4歳、レイ2歳になりました!

書き逃げでゴメンナサイ〜

ここのところ、ブログ書き逃げでごめんなさい

コメントもらったのに、お返事も書けなくて・・・

でもコメントがあるとホント嬉しい密かにホッとしています。



何だか最近、ちょっと井戸にはまっちゃった感じで

ホント正直、元気がでません。

一体どうやったら、このモンモンから抜け出せるのか

34歳という年齢のせい?

やんちゃ盛りの息子二人の育児にあっぷあっぷ(←懐かしい響きだ)なのか?

自分でもこのイライラの原因が良くわからないのだけど。

全て自分の選んだ道だから、弱音吐いても文句いっても仕方ないのだけど・・・

・・・・若干疲れてしまうことってありますよね。

本音をさらけ出すとか

メンドクサイことは手を抜くとか

イヤなことはやらないとか

好きなことをやる時間を持つとか

そんなふうに自分を解放することができなくて、こんなふうにくたびれてしまうこともあるんですが

おっかさんだし、自分だけじゃないから

うまくコントロールできる術を身につけないと、みんなに逆に迷惑かけちゃう。

いいかげんがいい加減

母には良く言われるけど、

なかなか実践できないダメ娘です。

それでも嫁とか母親になっちゃうんだからねえ・・・

公園にて

1cb720f3.jpg長い枝があれば振り回し

水があれば迷わす近づき

高いところに登り

泥や水溜まりは間違いなくビチャビチャやり

走るときは雄叫びを挙げ

寒くても「帰らない」と言う

それが男子二人の公園遊び…

グランプリ

6b509cf6.jpg近所の美味しいケーキ屋さんで毎年ハロウィンをやっている。
今年はグランプリを決めるらしく、なんと金賞にはデコレーションケーキ一台プレゼント!

そこで幼稚園のハロウィンで作ったケーキの衣装を、ジンに着せて参加。

写真も撮ってくれるし、いい記念になるわ…というのは表向きの理由で

ガッツリ狙っていっちゃった。
ジンに「大好きな○○○(←ケーキ屋さんの名前)のケーキになりました〜」と言わせ(笑)若干媚びを売りつつ。

今日、グランプリ発表の日。お店に入ると、そこには満面の笑みのジンの写真が…

金賞とったど〜!!

好きなときに引きかえができるケーキ券をいただきました。
12月はクリスマスと旦那さんの誕生日がある。この券ですませてしまおう〜。子供をダシに節約テク炸裂。腹黒いワタシ。いひひ

は〜ろ〜うぃいいいいん!

毎日こつこつ準備していたのを神様が見ていてくれたのか

インフルエンザの影響もなく、晴天にも恵まれ、ハロウィンがスタートしました

今年のテーマは
じゃじゃーん「スウィーツ

みんなが大好きなお菓子に変身。
 
ソフトクリーム
モンブラン
ドーナツ
キャンディ
ショートケーキ
プリンアラモート
鯛焼き
おせんべい
悪魔(←お菓子のたべすぎはムシバイキンにやられるぞってことで)


ワタクシ34歳にして、ショートケーキになりました

そのままでも充分だと思うのだけど

なぜか顔をドーランで真っ白に塗られ
ワタシだけでなく、みんな塗られ
鯛焼き&おせんべいは茶色く塗られ

町役場の駐車場で支度完了記念撮影です。じゃーん。

集合写真


幼稚園にいくと、すごいわみんな
ディズニープリンセスや魔女やジャコランタンや・・・派手
お菓子の登場に、子ども達もよろこんでくれました

主役の子ども達は幼稚園で製作した衣装を身にまとって参加。
ちなみにジンは「ジャコランタン」
衣装のいたるところに
NEWS
THE BLUE HEARTS
V6
などが書いてあるのがとても彼らしい

いつもイベントはグズグズモードになるジンが、ハロウィンでは超ごきげん!
ワタシのど派手なケーキもとても喜んでくれて、頑張った甲斐があったな〜とじんわり。

じんとお母さん

しかしここから強烈なオチが。

「では〜みなさんこれからパレードに出発ですバスで吉川市役所とレイクタウンに行きますので、ご父兄の方は車でついてきてくださ〜い



スイーツ軍団は、そのまま駐車場へ行き
白塗りのまま、車を運転し
市役所は間に合わなかったもののレイクタウンに到着・・・

けっして自意識過剰ではなく
通り過ぎる人全てが私達と見ていた。
レイクタウンではガラス張りのお店でランチしてる人たちが全員私達を目で追っていた。勘違いした知らない子供二人が後をついてきた。

・・・・恥ずかしかった

後にも先にもあんなに人に注目されたのは始めてだ。

いやしかし、一致団結して向かえたハロウィンパーティー。
みんな喜んでくれたし、楽しかったし、ほんとよかった。大成功

忙しい理由

気がつけば、日記のことは忘れてた

最近ワタシは忙しい。なぜなら30日(金)に幼稚園の一大イベントである“ハロウィン”を控えてるからであります。

普通なら、魔女の帽子でもかぶって出席すればいいや〜という感じなのだが、うちの幼稚園は違う。っていうかうちのリーダーは違う。ふれあい広場より、仕事よりハロウィンが大事「ただの仮装じゃイヤ!オチがないと」と言っていたが、仮装のオチって何?

おなじコース(クラスみたいなもんかな?)のママさんたちと一緒に、テーマを決め、仮装をします。何をするかは当日の写真を見てのお楽しみ♪

10月後半から、リーダーのお宅にみんな集まり、仮装の衣装作りが始まった。全部で何日だ??ほぼ毎日せっせと衣装(かぶりもの?)を作っている。

子供は子供で幼稚園で作ってくるのだが、一つ言えることは、どうみても子供の仮装より、親が目立ってる命かけてます(笑)

しかし・・・

みんなで作り上げていくこの感覚。どこかで経験したような・・・

そう、文化祭。この盛り上がりはまさしくそれだ。

カッコイイ男子生徒がいないのが残念なところだけど、この歳になって、またこんなワクワク感を味わえると思わなかった。けっこう、というかかなり楽しんじゃってます。

しかし、怖いのは当日。
インフルが異常発生した場合は中止。
雨だと中止。

この作品たちはいったいどおなるの・・・

きっとそんな不安をちょこっと抱えながら、みんな頑張ってます。
写真できたら、アップするのでぜひ見てね〜♪

さてさて、そんな充実した幼稚園ライフとはうらはらに。

プライベートはどん底

昔、今田こーじが“OH〜ナウ ロマンティック♪イマダはナウロマンティック♪”という歌を歌っていましたが

今、ワタシはまさに“ナウ ヒステリック”という感じです。

レイの魔の2歳ぶりにイライラ。
ジンの反抗期にイライラ。

朝と夕方の忙しい時間帯は、ほぼキレモード。

一日中「これびたーい(見たい)」とDVDを差し出し、散らかしまくるレイ。無視するとギャーギャー泣くし、要求どおり見せれば2時間以上見てる。(極端なんだよ!)
お菓子も「たびたーい」とかなりしつこい。無視すると再びギャーギャー。一日中甘いものばかり食べている(尿糖でるぞ)
キッチンに入れば、あらゆる引き出しからいろんなものを出し、お米を撒き・・・(豆まきじゃねえし)
家にはワタシの靴を履いて入ってくるし(外国じゃねえし)
昨日は買ったばかりの白い椅子にボールペンでグチャグチャ〜っと。

やばい、愚痴が止まらない
そんなこんなで、レイにはつい手がでてしまい、すっかりぶたれなれたレイは泣きさえしなくなった。

今日は夕方、ジンに「あしかさんなんて死んじゃえばいいんだ」と言われ、ブッチーン(堪忍袋が切れた音)

ビンタの上、怒鳴って説教。

ジンには最後に「大きい声出さないで・・・」と頼まれてしまった。

冷静に考えれば、ジンは意味がわかって言ってるワケじゃないし、すっかり疲れてる時間で、ぐずるのは仕方ないのに・・・

はあ〜(ため息)

どうしたらいいのか、くさる日々。
いろいろ悩むけど

最終的には
「次に生まれ変わったときは男になろう」
で終わる。来世に期待しないで、今なんとかしたほうが・・・という感じだが。

温度差

いよいよ長年の夢であった液晶テレビを買いました

きっかけはプリンターが壊れちゃったので、どうせならテレビのポイントで買いたいワ、という、徳なんだか損なんだかわからない発想から。

まだ見ぬボーナス様をアテに、先物買い

しかし「買う」と決めたらその日にでも買いに行きたい旦那さんと「買うまでが楽しい」ワタシとでかなりの温度差が・・・。

欲しいと思ったモノを買うまで、
「どこにおこうかな」とか
「この給付金が出たら、このお金と合わせて・・・」と金策を練ったりとか
あーでもないこーでもないと空想の中で考える時間がワタシは好きだ。
それでけっこう長い間楽しめる、ぶっちゃけレジがエクスタシーマックスなヒトなのだ。

なので、毎日のように
「(テレビ)どうする?」
「(テレビ)いつ買う?」
と旦那さんにせっつかれると若干つらい。

旦那さんは旦那さんで、本来テレビにあまり興味がない。だが、妻が欲しいというから買うためにいろいろチェックしてるのに、のり気じゃないのは何なんだ、と若干イライラ。

今日の午後、見に行くことになっていたが、ワタシは少々お疲れ気味。
今、「なんで?」が口癖のジンと魔の2歳真っ最中のレイ。この二人と一日過ごすと、アタマがおかしくなりそうになるずーっと「なんで?なんで?なんで?」と聞かれ、その傍らでずーっとギャーギャー泣かれているのだ。この精神疲労を癒すのは眠りしかない。ぼーっと本を読みながら、ゆっくり眠りたかった。

しかしこのヤル気のなさに、旦那さんは腹がたったのだろう。
「もう今日中に決めて、年内はいっさいテレビの話題はしたくナイ」
とまで言われてしまった。

そして彼は一人で買いに行ってくれた。テレビと、ポイントでゲットしたプリンターにハードディスク。今、電気屋から帰ってきてる最中だ。

テレビは配送だが、プリンターとハードディスクはお持ち帰り。買ったものはスグに開けたい彼は、夕飯を食べるやいなや、開封及び取り付けに入るんだろう。すまないがワタシはとても付き合えない。また明日は「なんで?」「ギャーギャー」攻撃の一日が始まるのだ寝なくてはやってらんない・・・

家族が増えるとたまにこんな温度差が発生する。それは旦那さんだけでなく、ジンとレイにも。自分の温度だけを大事にしていたらうまくいかないとわかっていつつ、自分中心にものごとを進めてしまうのよねえ




ふれあい広場

晴天にも恵まれ「ふれあい広場」が無事終了しました。

親子ダンスやゲームや・・・いろんな競技があったのだけど、一番印象に残ったのが、かけっこ。

年少さん(さくら)と年中さん(たんぽぽ)さんが走るのだが、みんな転ばないで完走している

「すごいな、誰も転ばないのかしら」と旦那さんと話していたら、やっぱりいました。ドベーンと転んだ子が。

・・・ジンでした。

走る前に自分の名前をマイクの前で言っているので「ジンに言えるのかな?」と不安でいっぱい。でもちゃんと言えたので、ほっと一息ついた瞬間。

何につまずいたの?ってくらい何もないところで、いきなりドベーン!!

ジンは転んだまま固まり、動かず先生が慌てて起こすと、泣いてるあちゃあ、こりゃヤバイと思ったが・・・

ジンはちゃんと走り出した。泣きながら、もうゴール近くにいるお友達を追いかけて。ハラハラと見守るなか、お友達からの「ガンバレー!!」との声援にチャッカリ手を振り、ゴール

ジンは泣いていたけれど、みなさんから一番大きな拍手をもらっていた。
転んじゃったし、一人ぼっちのゴールだったけど・・・

ジン、美味しい

あっという間に午前中の競技は終わり、ランチタイムに。
今回のお弁当は「まっくろくろすけおにぎり」にしたのだが、ジンに怖い〜と言われてしまった(涙)

お弁当







以前の日記にも書いた、問題のお面ですが・・・
お面が仮装化している・・という話を聞いたワタシは、いろいろ妄想が広がり・・・

「派手でなく、かつ地味でなく」平均的にしたつもりだったのだが、見渡すとウチの一家はかなり派手だった

テーマ:葉っぱ

葉っぱのお父さん
お父さん








ジンは幼稚園で作った自分のお面をかぶるのだが、ワタシのお面を試着。レイとおそろいみたいでしょ。

葉っぱの親子
はっぱ








そして自分のなかでは「力作!」と思っているマラカス
マラカス







楽器は、最後に家族みんなで演奏するために作ったのだが、レイが寝てしまい旦那さんがつきそっていたので、結局3個のマラカスはワタシが全部身につけて出場(これなら一個作ればよかったのでは・・・)

最後に、花の種に風船をつけて飛ばすのだが、晴れた空にたくさんの風船が、本当にキレイだった・・・

最後に嬉しいご報告

旦那さんに「うちだけ異質」とまで言われたお面は、なんとホットファミリー賞をいただきました頑張っただけにチョー嬉しかったよ

ジンはホットファミリー賞をもらったことより
「最後まで走ってえらかったね」とみんなに褒められたことが嬉しかったみたい。ケガの功名ってやつかな?
3人

せーさく

「せーさく持って帰ったよ

と紙袋を持って園バスから降りてくるジン。

せーさくとは製作、つまり工作のこと。幼稚園では製作が一番大好きな遊びらしく、かなりの量を持って帰ってくる。

1年分の作品はとっておこう・・・と思い、子供部屋に置いといたのだが、この半年で紙袋がいくつも増え、まるで「片付けられない人の部屋」になってしまった。汚ギャル状態を継続するワケにもいかないので、とうとう思い切った。

作品をカメラに収め、さようならすることに・・・

見てください、この量。

1枚目
みんなのまち

2枚目
2


ジンがせーさくを並べ「みんなのまちで〜」と歌っていた。

運動会の準備でヒーヒー言ってるワタシが言っても説得力がないのだが。

モノを作るのはホントに楽しい
その楽しさを知っていれば、何がなくても遊べる。何でも作れる。想像したものをいろんな形に変えることができるのだ。

ジンがモノ作りが好きな子で、ホントに良かった。ぜひそのチカラは伸ばして欲しいと思う。

しかし・・・

製作の材料は、牛乳パックやティッシュ、お菓子の空き箱など。かなり作りこんでるものもあるけれど、ほとんどがサインペンで

「TOKIO」
「GREEN」
「V6」

とかって書いてあるだけ。つまり、そのまま。

いやあ、分別が大変でした・・・・。ゴミ・・・いや違った、夢のあとはこんな感じ。


ごみ


疲れた・・・。今度は一ヶ月に一回くらい、小分けに片付けていこう。
でも、楽しそうに一生懸命作ってる姿を想像すると、なかなか処分できないんだよねえ。

れい

作りモノ月間

市内の幼稚園はあちこち運動会が始まっていますが・・・

ジンの幼稚園でもあります。「ふれあい広場」という名の運動会。

先日説明会に行ってきたのだが、レイがチョロチョロして全然話が入ってこなかった

「ジンはマラカスで葉っぱチーム」ということだけはわかったが。

「??????なんのこっちゃ??」

とりあえず、マラカスと葉っぱのお面を作らなくてはならないらしい。
なんと優秀作品には「ホットファミリー賞」がもらえるとか。

そうなったらジンが喜ぶかな・・・と頑張ってマラカスを作り始めたのだが。

何しろ参加者全員分作らなくてはならないらしく、旦那さん、ワタシ、レイの分を作ったらもう疲労困憊。

なのに、あとからママ友から聞いた情報だと、楽器には賞などなく、賞があるのはお面のほうなのだとか。しかも「賞ねらい」で気合が入るファミリーも多いらしく、ただのお面と思ったら大間違い、人形がのっていたり、なかには電飾をつけてるお面(というよりは帽子??)もあったり・・・“仮装”状態なんだそうだ。


賞を取れたら・・なんてちょっとでも思った自分が恥ずかしい
とにかく恥をかかない程度には作っていかなくては・・・とココロを入れ替え。

毎日せっせと帽子(お面のはずなのに)作りに励んでいます。

10月はとくにイベントが多く、4日は“お月見の会”で家族分のお弁当を作ったばかり。
10日がふれあい広場で、お面やらぜっけんやら、もちろん当日のお弁当もつくらなきゃだし。30日はハロウィンパーティー(これこそホンモノの仮装だし)と、ほんと作り物が多い〜頭がパンクしそう・・・

まあ、ジンがそれで喜んでくれれば苦労も吹き飛んでしまうのだが、イベント当日が大の苦手な男。楽しみにしすぎて空回りしてしまうのか?

誕生会は大泣きし、祖父母お招きの会では不貞寝・・・
ふれあい広場では一体何が起こるのだろう。

レイもキーキーうるさいだろうしナ。

楽しみな反面、ちょっとブルー

無事終わりますように・・・


母性

この間、ジンが何を思ったのか突然

「あしかさん(母親であるワタシのことです)と結婚したい〜

と言い出した。
その発言に
「ジンはホント可愛いヤツだな〜
と目を細める旦那さん。

「あのさあ、親子だし、第一ワタシはイルカさん(旦那さんのことです)と結婚してるからジンとは結婚できないの」とワタシ。

普通、逆だよね…


2歳になったのに、相変わらず後追いが激しいレイ。家ではいつもワタシにベッタリ。ワタシが椅子に座った途端、ヒザの上にドシンと乗る。それを見たジンがさらにドシン

ひとつの椅子に3人で座る様子を見て、旦那さんは
「お母さんは人気があっていいなあ」とニコニコ。

小さな息子二人にこんなに慕われて、うれしいハズなのに、ココロの中では「・・・ウザい

どうやらワタシは母性という感情が乏しい人間のようだ

二人とも間違いなく大切だし宝モノと思っているけれど。

こどものこうした行動に「キュン」とこない。

子供とどっぷり過ごすこの日々。母性が豊かならどれだけ幸せで楽しいんだろう。
お金で買えるなら母性が買いたいよ〜

と最近思っています。





Profile
じんママ
ダンナさんと長男ジンと次男レイの4人家族。ブログが今、一番の楽しみなのに、チビ2人にブロックされている今日この頃。寝ている間にこっそり書いてます。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
キリンビールブログ発ブログパーツ