寝た子を起こすナ!

ジン4歳、レイ2歳になりました!

2006年01月

名前の由来

じん
名前をつける、ということは親が子供にしてやるもっとも大切な事項の一つであろう。一生ついて回る子供の名前。さぞかし悩んだろうと思われるかもしれないが、案外すんなりと決まった。

ブログではチビたんと呼んでいるが、彼の本名は「仁」。「じん」と読む。
名前を考えるとき、ダンナとワタシで共通していたのはわかりやすい名前、ということ。
そしてワタシは名前に意味を持たせたかったし、ダンナは響きにこだわった。

はじめは「男の子だったらアナタ、女の子だったらワタシがつけましょーよ」なんて甘〜いことを言っていたのだが、ダンナは
「顔を見てからじゃないとイメージがわかない」という。
出産してから届出までわずか2週間しかない。そんな付け焼刃的名前に決めたものが一生ついて回るなんでイヤだ。
さっそく名づけ辞典を買い、いろいろワタシが候補を挙げ、ダンナと話し合うといういつものパターンになってしまった。

名づけ辞典にはすごい名前がいっぱいあり、なかでも「一回聞いたら忘れられない名前にしたい」ということで“茶々丸”とつけた親のエピソードがのっていた。
たしかにインパクト強!だが、もしワタシが茶々丸君だったら
「母さん、なんでこんな名前をつけたのさ」
というであろう。
ほかにも美しい海と書いて“ちゅら”と読むとか、光とかいて“きらり”とかいろんな名前が載っていた。もうめちゃくちゃだ。

また、妊娠中に会社の先輩の家に遊びにいったときは、先輩の子供が通う幼稚園の名簿を見せてもらってびっくり仰天したことがある。
20人くらいのクラスだと思ったが、ぱっと見て、この児童たちは日本国籍なのかどうかわからない。
奇をてらいすぎ?

中学の時、社会科の先生が言ってた言葉がずっと心に残っていた。
「仁」という字は、もっとも優れた徳のある人物と言う意味があるんだよ、と。
それが今年の新春時代劇スペシャル「里美八犬伝」からパクったんじゃないか、と気がついたのは正月のことだったが、たしかに辞典で「仁」という文字を調べると
「人を慈しむ心」とか「思いやりのある人」というような意味があるらしい。

どんな人に育ってもらいたいか。その気持ちを名前に込めたかった。
すばらしい才能を持つことも大事。勤勉さも大事、健康も大事。
でも人として一番大切なことは
「自分以外の人のことをどのくらい考えることができるか」
だと、ワタシは思う。
思いやり、というのかな、そういったものを勉強よりも出世よりも何よりも大切にしてもらいたい、と思ったのだ。

人気の名前ランキングにも絶対出てこない「仁」という名前。
でもワタシはとっても気にいっている。

筑波山へドライブ♪

おだんご

昨日の昼過ぎ、突然「おでかけしよう」という事になり、支度をし車に乗り込んだ。
最近長距離運転練習中のワタシが運転席に座り、出発進行!

しかし行くところが決まっていない。車を進めながら討論した結果、筑波山へ行くことへ決まった。

ウチから筑波山はドライブにはちょうどよい距離だ。(特に見るところもないが)
埼玉から千葉を抜け茨城に入ると、高速道路かと見間違えるほど、大きく交通量の少ない道路。スピードの出しすぎに注意しながら、運転すること1時間30分。筑波山にたどり着いた。

筑波山の上に行くには400円の有料道路を通らねばならない。しかし筑波山にきたからには「がまの油」でおなじみのガマと写真を撮らねば。ガマランド(勝手にワタシがそう呼んでいる)は山頂にあるのだ。ガマランドつくと、なんだか美味しそうなお団子が売っていてつい買ってしまった。

ガマと記念撮影をし、団子を食い、景色を見るとすることもないので、降りてきた。
道には直売の野菜売り場があり、白菜やらトマトやら玉葱やら安くて美味しそうな野菜をたくさん買う。(すいません落花生も買ってしまいました)

天気も良かったしなかなか有意義なドライブだった。
このときは後々「夕食難民事件」が起こるとは夢にも思っていなかった・・・

詳しくは“昨日の夕ご飯”のブログをお読みください♪

がま

素敵なサポートエンジェルたち

サポートエンジェルナオ&ジン

昨日、我が家にサポートエンジェル達がやってきた。

ワタシが勤めている会社は、企業や学校、病院などの食事部門を委託されている給食会社だ。ワタシが入社したころは、普通の会社だったのに、辣腕社長がホリエモンばりに合併買収を繰り返し、いつの間にか大きな企業に成長していた。

会社が大きくなってもワタシの給料が上がるわけじゃないので、あまり関係ないが、そんなわけで、どなたかの会社の社員食堂だったり出身大学の学食だったり、意外なところでうっかり関わっているかも知れないので、あえて会社名は出さずにおく。

うちの会社には、栄養士が400人以上もいる。そんな栄養士さんたちの活躍を社外ホームページで紹介しているのだ。そこではあえて栄養士と言わず、“サポートエンジェル”と呼んでいる。なぜ?

ワタシも一度仕事紹介&栄養コラム的な記事で登場させてもらったことがあったが、やはり“今月のサポートエンジェル”と称されていた。友人に「よっサポートエンジェル!」とからかわれたもんだ。

説明が長くなったが、というわけで、うちの会社の栄養士仲間がはるばる埼玉まで遊びに来てくれたのだ。

おなじグループ企業の栄養士で、プライベートでも仲良くさせてもらっていたKさん。最近はお稽古事に没頭し自分を磨いているのだそう。それ以上きれいになってどうするの?な美人さん。

今度仙台のほうに転勤が決まったTちゃん。実家が仙台なので、遠くなっちゃうのは寂しいがなんとなく安心した。新しい職場でいい男を見つけるんだ!

一緒の職場で働いていたNちゃん。はじめてあったときはあどけなさの残る女の子だったのにすっかりしっかりしてしまって!持ち前の明るさでエンジェル仲間もたくさん出来たみたい。

そしてサポートエンジェルたちの大将Mちゃん。彼女は6年越しの愛を実らせ、今度お嫁に行くことが決まった。おめでとう!!何を隠そうワタシ達夫婦が付き合うきっかけを与えてくれたのもこのMちゃんだった。これから結婚に向けて忙しくなると思うが、テンション上げて頑張ってほしい。ワタシも協力するわ。

栄養士というのは95%女性だ。よってうちの会社は女性が多い。そしてみんな強く、すごくしっかりしている。献立を作成するということは、ある意味で厨房を仕切る現場監督のようなものだ。自分の意見をキチンと言えないと、男社会のコックさんたちに立ち向かっていけない。

30kgのお米だって持っちゃう。朝から夜中までバリバリ働いちゃう。栄養指導だってやっちゃう。へんな食材持ってきたら文句も言っちゃう。そんなスーパーウーマンなのだ。エンジェルちゃんたちは。

ワタシが職場に戻るころには、周りを取り巻く環境や、栄養士のメンバーや、上司やいろんな事がめまぐるしく変わっていくと思う。でもきっとどのエンジェルちゃんたちも頑張って働いているだろう。キラキラと輝くものを放ちながら。

ひさびさ会社にいた頃を思い出し、とっても楽しい一日を過ごせました。
おいしいお惣菜持ってきてくれてありがとう。
遠いけどまた遊びに来てよね〜

親のキャパに合わせる子供

昨日はチビたんを連れて皮膚科に言った。
どうやらチビたんはアトピー体質のようで、定期的に見せに来てくださいと言われているのだ。

評判の良い病院のようでいつも満員。かなり待たせれるが皮膚科はころころ病院を変えないほうが良いという。ちなみにここの病院は薬のケースがやたら可愛い。↓
薬

診てもらったところ非常にいい状態である、ということでホッとした。保湿を十分にし、徐々にステロイド剤を減らしていければ理想です、ということだった。

ワタシは花粉症もアトピーもない健康だけが取りえの女だが、うちのダンナは喘息と鼻炎、皮膚のかゆみもあるアレルギー体質だ。
アレルギーは遺伝するケースが多いから、チビたんに症状がでないかと常にヒヤヒヤしていた。

結婚したてのころ、夜中にゼイゼイ苦しそうにして椅子に腰掛けているダンナを見て驚いた。ワタシは眠りが深く気がついてなかったが、何日か夜中に発作が起きていたという。

喘息の発作など見たことのないワタシは本当に心配になって、いろんな本を読み情報を集め、喘息に良いとされることはいろいろ試してみた。
ウコンやパパイヤを食べさせたり、ビタミン剤を飲ませたり。食べ物に原因があるんじゃないかと思って、発作が出た日の食べ物を記録していたこともある。

ワタシがコレを飲めだのアレはやめろだのダンナにいい、それをダンナが拒むと、ワタシはとても機嫌が悪くなったものだ。こんなに一生懸命してるのに・・・!
そのイライラが表に出たとき、決まってダンナの発作が始まる。
彼にとって発作の原因はストレスであり、そのストレスはワタシのイライラから生まれるのだ、と気がついたのはずいぶん後だった。
あまり愚痴や文句を言わない彼は、何かを押し付けられるのがこのうえなく嫌いらしい。

それが気がついてからはワタシもあまり喘息に触れなくなったので、彼なりにコントロールし、今は健康を保っている、というわけだ。

そんな一本気なワタシの性格からして、チビたんにアトピーや喘息が出たらどうなってしまうかわからない。自分を責めるかも知れないし、直そうとやっきになるかもしれない。サイババにだってすがってしまいそうな勢いだ。

チビたんは生まれたときから、順調な子だった。訳もなく泣き続けることもなかったしミルクも良くのみ、夜中もよく寝てくれた。
なんだか、ワタシのキャパを良くわかってくれてる気がする。
ワタシがキリキリしないように、いい子でいてくれてるのだろうと思うのは買いかぶりだろうか・・・

でもね、逆に、ミルクを飲まなかったり、夜泣きがひどかったりでつらい思いをしているお母さんは、それに耐えられる精神をもっているんじゃないかな。
神様は乗り越えられない試練を与えないというでしょ。
赤ちゃんもそんなお母さんに安心して、甘えているんだと思います。

だから今アトピーやら喘息やらその他もろもろで大変な思いをしているお母さんは、それだけ自分が強い人間なんだ、と思って乗り越えて欲しい。

お互い頑張りましょう!

ああ電気代・・・!

今月の電気ご使用量のお知らせを見て一瞬凍った。

「いちまんろくせんろくえん・・・」

我が家はオール電化住宅である。なのでこの金額はガス代+電気代と思っていただければ良いのだが、どうでしょう、高いですか、安いですか?

引っ越してきたばかりのときは夏の盛りだった。毎日新生児のチビたんのためにエアコンをかけていたので、さぞかし電気代かかってるだろうな〜と思っていたら、第一回目の請求は8000円程度だった。

「すげー安いじゃあん」感動したのを覚えている。ところが翌月には9000円、次は1万円とうなぎのぼりに上がりつづけ、とうとう1万4千円になった。さすがにこれはマズイ、と思い節電対策に乗り出した。

ウチは「電化上手」というプランに所属しており、時間帯によって料が違う。PM11時からAM7時までの深夜料金がもっとも安い。よって食器洗浄器はタイマーをセットしてこの時間に起動するようにした。
また、24時間換気システムが各部屋についているが、いつもいるリビングと和室以外は全部止めた。
午後5時からは朝晩料金ということで若干安くなるので、5時から夕ご飯を作ったりお風呂を入れたりするようにもした。

苦労の甲斐あってか、その翌月は1万2千円に落ちた。それなのに・・・
今月は1万6千6円。しつこいが最高高値を更新してしまった。

年末年始とお客様がいっぱい来ていたし、チビたんが具合悪かったこともあり、あまり外出しなかった。家にいる分電気をたくさん使ってしまったに違いない。
寒がりのため、散歩にでるのもおっくうなグウタラ生活の結果、無駄に電気を消費してしまったのだ・・・ダメ人間。

ご近所さんは太陽光発電を入れている。ソーラーシステムというやつだ。ハワイは日差しが強いため、システムを入れている家庭はほとんど電気代はただなのだそうだ。
しかし日本の日差しは弱い。近所の方に聞いてみたところ、月2000円程度安くなる程度だという。

下世話な話で申し訳ないがソーラーシステムを入れるとお値段しめて150万なり。月2000円の割引では何年たったらもとがとれるのかわからない。ダンナに言えばその150万で車を買おうと言い出すに違いない。余計な出費だ。

あーあ、こうなってくると掃除も洗濯もしないで、チビたんと二人布団にくるまって一日中ゴロゴロしていたい。こんな省エネほかにないやんけ。

しかしそういうわけにも行かぬ。どなたか賢い節電方法教えてください★

本日の許センス大賞

ワタシは姉が生まれて2年後に生まれたが、なんと結婚も出産も、姉ユミコの2年後に同じことを繰り返すという、まねっこざるである。(意図的ではないが)
しかも生まれたのが同じ男の子ということで、ワタシの子供のとき同様、たくさん甥っ子のお下がりをくれる。

マタニティーウエア、チビの洋服、ベビーバス、おもちゃなど、月齢に合わせたもの一式貸してくれるので、ワタシ達夫婦はチビたんのために何かを買ったことがあまりない。
それこそ洋服なんて、カラーボックス4個分くらいあるのだ。

この大量の服は姉ユミコが買ったものもあるだろうが、ほとんどもらい物という。
義兄の妹さんはワタシより年下なのに、すでに二人の子供がいる。しかも一人は女の子だったため、もらったもののなかには、ミッフィーちゃんのおもちゃやピンクの洋服などもある。まあそういったいろんなところからの寄せ集めを、ワタシに貸してくれているのだ。

夜寝るときと昼間の洋服を着替えさせているので、下着も服もいっぱいあって本当に助かる。雨が降って洗濯ができないときも慌てない。ミルクを吐いて何回着替えさせてもチャージの服はたくさんあるのだ。

しかし・・姉ユミコははっきりいって、センスがイマイチ。洋服もある年齢からはワタシのお下がりを喜んで着ていたくらい、服には無頓着なのだ。
というわけで、貸してくれた服のなかにはキョーレツなものもある。
姉ユミコ曰く「ダンナの親戚からもらったやつ」というのだか、外にはちょっと着て出せないなあ、というものが・・・

そういえばお正月にうちにきたとき、甥っ子はあやしいヒョウ柄のベストを着ていた。走り回るその様は孫悟空にしか見えない。あれもいづれはチビたんに回ってくるのだろうか・・・

今日は誰とも会う予定がないので、許センス系の服を着せてみた。
まるでカボチャだ。ちなみに色違いでオレンジもある。これはニンジンと呼んでいる。
どのくらい許センスか見てもらおう。コレだ↓
でも、いっぱい貸してくれて感謝してるのよ、ほんと・・・
許せんす

いい加減にしろ〜髪の毛!

ショッピングローン可ダイソン/DC12allergyアレルギー

ワタシは掃除が嫌いである。苦手な家事ナンバー1だ。
料理か掃除かと聞かれれば間違いなく料理をとるし、100人主婦がいたら100人ともそうだと思い込んでいたが、以外に掃除のほうがナンボも好きだ!という人がいてびっくりした。

掃除ほどめんどくさく、そして何も生み出さない作業はない。ただこなすだけだし創作性もなにもない。掃除機をかける前に散らかった部屋を片付けるのが嫌いだ。家具のホコリを取るのも疲れる。大掃除のときのように窓拭きやらフィルター掃除などのオプションがつくと、半分泣きたくなる。だからワタシは12月も大嫌いだ。

そんな訳なので、さぞかし家は散らかっているんだろうな〜と思われそうだが、実はそうでもない。けっこう綺麗。
だって、ワタシは掃除より何より、床や家具にホコリが詰まっていたり髪の毛が落ちていたりするのを見るのがダイッキライなのだ!
それに家に帰ってきて、家が散らかっていると疲れが3倍になる。

だからいやいやながらも週に2回は掃除機をかけ、床拭きクイックルをかける。
それ以外の日も、クイックルワイパーでほこりや髪の毛を取る。本当にご苦労なことだ。

ちなみにダンナは料理と掃除どっちが好きと聞かれれば掃除と答えるタイプだ。
掃除は嫌いじゃない。だったら掃除を担当してくれと言いたいが、彼は散らかっていても気にならないタイプ。彼がヤル気になるまでとってもほっておけないので、結局ワタシがやることになるのだ。まったく役にたたない。

それにしても!掃除するそばから髪の毛が落ちている。床に落ちている髪の毛を見ると本当に舌打ちしたくなるほどやるせない衝動にかられる。

最近うちのチビたんがやたらワタシの髪の毛をひっぱるため、やたら髪が抜ける。
ダンナも年齢のためか抜け毛がすごい。ちっと舌打ちしながら髪の毛を拾うワタシの姿はどこから見ても意地悪なお姑さんだ。

そもそも髪の毛ってなんなんだ。みんな丸坊主にしてしまえばこんな苦労もなくなるのに。そうしたらハゲだって気にならないし、カラーリングする必要もない。白髪も黒髪もどうでもよい。縮毛矯正もいらない。ああなんて楽な世界。でもそうなるとヘア業界は大打撃だ。ヘア業界がなくなると経済も破綻するのだろうか・・・

なんてくだらないことを考えるワタシ。いらいらしつつも丸坊主にする勇気もない。この企画に賛同してるのは髪の毛の生えてないチビたんだけだ。

しかたなくせっせと掃除機をかける。掃除機も音が派手なだけでちゃんと役目をはたしてるのだろうか。髪の毛をただ吹き飛ばしているだけなんじゃないか。

掃除機にまで容疑が及ぶ。この際いっそのこと憧れの掃除機「ダイソン」のスーパーサイクロンを買ってしまおうか。ものすごい吸引力らしい。そんなものまで、というものまでみるみる取れるのだそうだ。でもちょっとお高いのよねえ。

家電好きのダンナに相談すれば即効買いに走りそうだ。
よく考えて結論をださねばならぬ

市役所の母親学級に行ってきました

赤ちゃん大集合

昨日は月1回の市役所の母親学級の日。
まだ道路には雪が残っていたけど、月1回しかないし、12月はすっかり忘れてて出席できなかったし、気合入れていくか!とスリップしないよう気をつけて運転する。

8月、9月生まれの赤ちゃんを集めているこの会は、ほかの赤ちゃんたちの成長の具合も見ることができて、とてもはげみになる。
離乳食情報や、可愛い服がどこで売ってるか、最近のミルク事情など、いろんなおしゃべりが出来て、普段は家にこもりがちなお母さんも(ワタシだけ?)いい気分転換の場になるんだよ。ちょっと歩いて行けないのが難点だが、駐車場も広いし運転に自信のないワタシでも安心なの。

乳児用の体重計があるので、服を着せたままだが計測してみた。
なんと8400g・・・8キロかよ!もうチビたんじゃないよ。デカたんだ。
他の赤ちゃんは7キロ台がほとんど。やはりちょっと大きめなんだね。

このなかからどなたか、妊娠6ヶ月くらいの母親学級で、出産の体験談を話していただけませんか〜?と市の保健婦さん。
もちろん誰も目を合わさない。この中からって・・・今日は雪のため出席率が非常に低い。9人くらいなのに、3人選出したいという。1/3の確立。

結局やりたい人はいなかったので、アミダクジで公平に決めることになった。
ここまで書いた次点でオチは見えてると思うが、外食運同様くじ運の悪い私は案の定体験談をお話させていただくことになった。ははは・・・ま、いっか。

帰りはママ仲間とみんなでランチ。みんなにもブログの宣伝したら、さっそくことみちゃんのママがコメントくれた。ありがとね♪これからもよろしくう。
ひとしきりいろんなおしゃべりをし、おなかいっぱい食べ、ちびたちがおねむモードになってきたので、解散となった。

その後郵便局に用があったので、駐車場の大きい郵便局にGO。
駐車場に入ろうとしたら、前面アイスバーンで目が点になった。
引き返そうとしたら、後ろから車が来ていて、仕方なく入ってしまった。
どうしよう・・・とりあえず停車したものの、いったいどうやって駐車場から脱出しよう・・・。

とりあえず郵便局で用をすませてから駐車場にもどる。当たり前だが雪はとけていない。目の前は郵便局職員専用の搬入口が。地下に続いているらしい。
本当は入っちゃいけないかもしれないけど、しかたない。ここでUターンさせてもらっちゃおう、と地下へ。割と広くてラッキー。

しかし配達用の原チャリがやたらランダムにとまっている。邪魔でしかたない。
とりあえず切り替えそうと思い、バックすると・・・
車前方不注意で・・・すいません、原チャリ倒してしまいました。
車の無事を確認後(ひどい?)原チャリを起こし、いそいそと地下を後にした。

家に帰り、ダンナに報告すると、「あんたいつか人ひっかけるよ」とキツイ一言。
今度から気をつけるよ〜。
最後は少しブルーになった昨日の夜でした。



彼女募集中

ケジャン

昨日はワタシの友人、宮腰君が遊びに来てくれた。
韓国に旅行に行っていたそうで、前からワタシが憧れていた韓国料理“ケジャン”(カニのキムチみたいなの)韓国のり、甜茶、美容パックなどおみやげを届けてくれたのだ。なんだか我が家がいっきに韓流ムードにつつまれた。

今回はあえて実名でコメントさせていただくが、この宮腰君。ワタシとは6年来の友人だ。まだ独身の若かりしころ、映画について大いに語ろう!というコンセプトのもと、有志の映画サークルに所属していたワタクシ。表向きは映画サークルだが、実際はただの飲み会ばかりだったこのサークルの仲間たち、それこそ毎週のように遊び、歌い、酒を呑んでいた。(映画は5回くらいしか見に行っていない)

そのメンバーの一人が宮腰君だった。彼はワタシの実家と同じ駅に住んでいたため
よく遊んだ。
彼もワタシもいっとき恋愛の神様に見放されていた時期があり、恋をしては撃沈するという切ないサイクルを繰り返していた。「お互い、いつか本物の恋をゲットしよう!」という目標を掲げていた、いわば同士なのである。

何年かして、ワタシはやっと神様が振り向いてくれたのか、ダンナと出会い、結婚した。子供も生んだ。
しかし、宮腰君は相変わらず恋愛の神様に見放され続けている。

彼はとてもいい人だ。昨日だって、わざわざうちまで電車を乗り継ぎお土産を届けにきてくれたのだ!
美味しいもの大好き、甘いものも大好き、お酒は呑めないけど、飲み会は好き。
美味しいお店をいっぱい知っているし、何よりお友達が多い!
男の子も女の子もみんな宮腰君が大好きだ。

ワタシも地元のよしみとして、なんとか彼の男はつらいよ的寅さんサイクルの恋愛に終止符をうってやりたい。そろそろ心優しい彼女が出来てもいいころなのでは?

というわけで、宮腰君の彼女募集中です。どなたか良い方いらっしゃいませんかねえ。
宮腰君はとてもよい人だが、B型特有の天然なとこがあるので、どちらかといえば細かいことを気にしない、おおらかな女性がいい。このブログを見ているのはママ及び既婚者が多いと思うが、そんなあなたの友達にもいない?良縁を求めている女性が・・

はじめての顔合わせは「恋するハニカミ」みたいに、当日待ち合わせ場所に行ってのお楽しみ!がいいかもしれない。メールアドレスだけ交換しておいて、場所やら時間やら決めて。いきなり二人きりだと・・・というのであれば合コンスタイルをとっても良い。なにしろ宮腰君には友達がいっぱいいるんだから。

最後に写真を載せておこう。この企画にのってくれる方、ぜひコメントくださいね。
あと関係ないけど、あまりにチビたんがかわゆく写真に納まったのでついでにのせちゃいます♪

ミヤコシ君

キュート仁

ジャニーズ命

ワタシはジャニーズ事務所のアイドル君たちが大好きだ。
その歴史は古く、シブガキ隊時代から好きで(歳がばれるよな〜)光GENGJ、SMAPなどジャニーズファンお決まりのコースをたどった。

ジャニーズはいろんな少年たちがいるが、ワタシはV6の岡田、TOKIOの長瀬君や嵐の松潤、桜井君、KATTUNの赤西君などの正統派の美少年が好き。20代のころはキムタク狂で、ファンクラブ入ってる友人に頼んで、ドームのコンサートに3年連続行ったっけ。2年目なんてアリーナ席で、キムタクの顔がはっきり見えて興奮したなあ。「キャー目が合った〜」なんて言ったら、一緒に行った友人に「100人が100人そう思ってるって」とあきれられた。

そんなわけで、ワタシはかなりのミーハー。最近ハマっているのは、「1リットルの涙」で好演技を見せていた関ジャニの錦戸君。雰囲気があってかっこいい〜。「渡る世間〜」に出ていたジュニアの長谷川純君もとってもかわゆいので注目。

本当にジャニーズ喜多川という人はダイアモンドの原石を見つける天才だ。ドラマにでている彼らを見ていると、ワタシも一瞬だけ、学生時代のいろんなことに胸がキュンキュンしていたあの頃に戻れるのだ。ジャニーズ最高〜

しかし、そんなワタシをダンナは「エロババア」と呼ぶ。明らかにテレビを見る横顔がデレデレしていると言うのだ。そのことを会社の同僚に話したところ、「ダンナさん、焼きもち焼いてるんですよ、カワイー」なんて言われたが、彼のそれは明らかに焼きもち、なんていう甘酸っぱい感情から生まれたものではない。軽蔑のまなざしだ。まあイヤラシイ、という感じ。でもうちのダンナだって、ハーマイオニーとかあややが好きなんだよ、十分ロリ素質あると思うけど・・・

「ジャニーズ事務所に入れたい」
息子を持つ母親なら、誰もが一度は夢見る願いだろう。
むろんワタシとてあこがれたことはある。でも・・・
ワタシの美少年判定眼はジャニー喜多川レベルだ。
いくら自分の息子が可愛いとはいえ、客観的に鑑定眼が働いてしまうの。
悪いけどちょっとレイアウトが雑すぎるんだよなあ。

こうなったら、ワタシの夢は第2子に託される。
男の子をもう一人生んで、ジャニーズに入れよう、なんてずうずうしいことは考えていない。
女の子だ!きっとワタシの子ならジャニーズが好きなミーハーになるに違いない。
そうしたら、一緒にドームにコンサートに行くのだ。
「お母さん、錦戸君がワタシのこと見た〜」「バカね、お母さんを見たのよ」
あー想像するだけで楽しい。

そうしてワタシはまたジャニーズの美少年たちに恋をするのだ。
はやくそんな日がこないかなあ〜
その前にダンナに愛想尽かされなきゃいいけど・・・

りんごほっぺ
Profile
じんママ
ダンナさんと長男ジンと次男レイの4人家族。ブログが今、一番の楽しみなのに、チビ2人にブロックされている今日この頃。寝ている間にこっそり書いてます。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
キリンビールブログ発ブログパーツ