寝た子を起こすナ!

ジン4歳、レイ2歳になりました!

2006年10月

キツイ・・・

扁桃腺炎が全然治らない。
右の喉がおかしいくらいイタイ。そのせいで頭痛もヒドイ。
もともと扁桃腺が弱いので、疲れてくるとよく喉を腫らしていたワタシ。そのときは抗生剤を飲めば一発回復だったが、オッパイママの今、抗生剤は酒よりもチビたんに影響大!ということでうがい&のど飴で何とか回復させようと頑張っていた。

が、1週間近くなるのに直らない。これ以上ひきずってもしかたないと思い、病院へ行った。市の総合病院だが、さすがに耳鼻咽喉科は混まないだろうとタカをくくってたら・・・9時前についたのに人がてんこ盛り!はあああ。
結局一度家に帰り、出直してきたのだけど、さらに待たされる。

やっと先生にご対面。なんか大友康平に似てるなあ・・・そんなロックな耳鼻咽喉科の先生はしゃべり方まで「シェケナベーベ」なノリ。抗生剤出しとくから、とあっさり言われた。母乳のため飲めませんと言うと「止めてください」という。

あ、アホー!そんな簡単に止めれれば苦労せんわい!
結局、無理なら抗生剤は出せません、とのこと。うがい薬でうがいして、ゆっくりやすんで力蓄えてくれ、それで診療は終わった。しかもうがい薬も出してくれず、保険切り替え中のワタシは実費で3500円也・・・
待たされ損じゃないかー!!

たとえ喉が痛くても、しんどくても、チビたんにご飯をあげねばならぬ。
土日に家にいたおかげで、お家のなかもホコリや髪がすごい。お掃除しなきゃ・・・
出掛けに「掃除は元気になったらすればいいから」と優しい言葉をかけてくれたダンナさん。しかしアナタは知ってるハズ。汚れ及びゴミを間の当たりにして、ワタシが見ないフリなんてできないことを・・・

できないことは無理してやらない。そんな人間になりたい・・・・でもなれない。爆音立てていつものごとくお掃除。

こんなしんどい日に限ってチビたんはご飯を食べてくれない。
口から魚をベーっと出されたとき、さすがに「こんなのも食べられないの!」と怒ってしまった。せっかく掃除したのに、魚だらけ・・・しかも唾液付き。
いつもは笑えることが調子悪いと笑えない。今日の食事は、知ってる人は知ってると思うが「奇跡の人」のヘレンケラーとサリバン先生のような修羅場になってしまった。

こんなとき、女って大変だなあ・・・と思う。そう、お母さん&妻に休日はない。誰も代わってくれないし、誰も代われない。適度に抜くのが一番の解決法だけど、何というか、抜き方がわからない(涙)
でも、たしか新入社員のときもそうだった。仕事の抜き方がわからなくて、いつもいっぱいいっぱいでゆとりなんか全然なかった。
それが何年後には仕事中にネットサーフィン、出張すればウインドーショッピングと抜きまくり・・・(ゴメンナサイ)

お母さん暦1年のワタシ、まだまだ新米だもんね。あと少しすれば要領良くできるようになるさ。
サリバン先生からミンチン女史(小公女知ってる?あれで主人公セーラをいじめる悪いオバサン)にならないように気をつけなくっちゃあ・・


寝てるし

持病の扁桃腺炎になってしまった。
チビたんを産んでからというもの調子が悪くなるのはワタシばかりだ。
まあ、チビたんが元気ならそれでいいけどさ。

というわけで昨日は家でおとなしくしていました。
「ずっと家にいると機嫌が悪くてしかたない」と雨降りが続くのを怖れるママさんがいるけど、チビたんはおうちの中でも全然平気らしい。一緒にまったりテレビを見たり、手先のおもちゃで地味に遊んでいてくれる。

しかし外はひさびさの晴れ。さすがに丸々一日外に出ないのも気がひける。
甥っ子から譲り受けた青い三輪車が大好きなチビたん。近所の公園くらいなら大丈夫かな、と思い、その三輪車に乗せて出発した。

チビたんは乗り物に弱い。新生児のときはチャイルドシートに乗せれば秒殺だし、お散歩のベビーカーでもあっという間に落ちた。チャリに乗るようになってからも、前カゴで爆睡するので、チビたんの顔を支えながらペダルを踏むハメになった。
そして期待を裏切らず、三輪車でも寝る。
これが証拠写真です!
1 ign="left" />2










眠たくて愚図ってるときも、家の周りを一周すればコテン!
楽でいいけど・・・
寝つきの良さはワタシ達夫婦に似たんだろうなあ。ダンナさんはいびきが激しく、ワタシは歯軋りがヒドイ。でも全然お互いにストレスを感じないもんね。

三輪車に乗って、頭がユラユラしてるチビたんを見ると、あまりに可愛くて、ほほえましくてついつい笑ってしまう。大きくなったら教えてあげよう。

立った!

今月の21日で1歳2ヶ月になったチビたん。
が、一向に歩く気配がなし。
一緒に遊んでるベイビイ達のなかで、あんよができないのはとうとうチビたんだけになってしまった。

「這えば立て、立てば歩けの親心ってね。」
「歩くのが一ヶ月早かろうが遅かろうが、この先なんの問題もないでしょ」
「すぐ歩くから大丈夫だって」
ダンナさんとワタシの母親に同じようなことを言われる始末・・・

あのね〜わかってます、わかってますよ、そのくらい。
2人とも、ワタシがあせっていると思ってるのだ。
そうじゃないんだよー。

体重10kgのチビたん。さすがに抱っこで移動はもうキツイ。少しでも歩いてくれるとどれだけ助かることか。
「あんよできるほうが、かえって目が離せなくて大変だよー」という意見も多いが、
公園で遊ぶとき、ハイハイだといろんなものを拾い食いして、そりゃもう大変。それにあんよのほうが疲れるからいっぱい昼寝しそうな気がする。
そんな感じで、あんよできるベイビイがうらやましくてしょうがない。

家でもどこでもドンって座って、手先にあるチマチマしたおもちゃで遊ぶチビたん。
ほんとにマイペースな男だ。もしかしてワタシの運動神経の鈍さを引き継いじゃったかなあ・・・。運動音痴な男の子って悲劇だ。

いつまでも歩かない〜とブウブウ言っていたワタシにあきれたのだろうか。
そろそろやるかねと言った感じで最近チビたんが立っちするようになった。
20秒くらいなんだけど手放しで立ってる。
「すごーい、すごーい」と拍手すると、チビたんもうれしそう。
まんざらでもない感じで、たまにトレーニングに励んでいる。

せっかちなワタシはいつも「アレはやった?コレはやった?」と先回りして釘をさす。そいで、「えーもうやらなきゃいけないの?」とようやく腰をあげ始めるダンナさん。でも途中で休憩したり、別のこと始めちゃったり寄り道が多い。
なんか・・・チビたんとダンナさんって似てる・・・。
同じような関係になってきたワタシ達母子。
待つのが何より苦手なワタシ。
子供も夫も、育てるのはムズカシイ・・・なんちって


たっち

紅葉狩り

突然ですが軽井沢に行ってきました。
金曜日にダンナさんにお休みを取ってもらい、金土と一泊旅行。

高速で2時間ちょっと、軽井沢なんてアッという間だ。
しかしひんやりと肌寒く、すっかり秋が深まっている。
軽井沢・・・何年ぶりかしら。すっかり町並みが変わっていてビックリした。
なかでも一番驚いたのがアウトレット。超デカイ。
しかし!今回の旅は買い物メインでないので、涙を呑んでスルーすることに。
だって買い物で一日終わってしまうもの。

紅葉が美しいと聞いたので、一番初めに“雲場池”へ。
漢字の弱いうちら夫婦は到着するまで“うんばいけ”と言っていたが、正式には“くもばいけ”だそうです。

ここの景色はすばらしかった。まだ紅葉は6割くらいなのかもしれないけど、緑とのミックスがなんともいえず風情がある。色づいた木々が静かな水面に映っていていやはや心が洗われるようでした。
くもばきれい





その後は白糸の滝や、旧三笠ホテルなどお決まりのコースをめぐる。
山はすっかり紅葉していて、超見ごろだ。高校時代、修学旅行で秋の京都へ行った。京都の紅葉は透けるような赤だったけど、軽井沢の紅葉は少しオレンジがかっていて柔らかい感じがする。
行ったことないのに「なんだかカナダに来たみたいだね!」と盛り上がった。
もみじ



今回の旅行でラッキーだったのは、食事の時間にずっとチビたんが寝ていてくれたこと。おかげでゆっくり食事を堪能することができた。ああ人が作ってくれたものってなんて美味しいんだろう・・・それに海の近くに旅行に行くと「美味しい海鮮モノたべなきゃ」ってヘンな義務感が生まれるけど、軽井沢にはそれがない。好きなモノをセレクトできる。というわけで、昼はイタリアン、夜は中華に舌鼓をうったのでした。

翌日は群馬の友人の家へ。
ワタシは友人とゆっくりお話したかったので、チビたんとダンナさん二人で遊びに行ってもらいました。
なんだか尾瀬のほうに行ったらしく、そこも紅葉がすばらしかった、とのこと。
チビたんも長時間お父さんに遊んでもらえて嬉しかったみたい♪
おとうさんと



うちら夫婦はどこへいってもドライブメイン。しかし最近チビたんはチャイルドシートが窮屈なよう。泣くわ暴れるわ大騒ぎ。結局リアシートでワタシと一緒に遊んで過ごしました。チビたんには旅行はまだ早い。分かってる、分かってるんだけどねえ・・・大人の楽しみも大事なのよ、といつも引っ張りまわしてしまうのでした。



弟クン

先日10月18日にママ友の由美ちゃんが元気な男の子を出産した。
わかなちゃんとは年子、しかもうまいこと一姫二太郎だ。でかした由美ちゃん!
さっそく今日、病院に面会に行ってきました。

由美ちゃんと知り合ったころには、もうお腹の中にいた弟クン。
やっと会えたね!
お外は気持ちいいですか?
お腹の中で聞いていた、ママの声、お友達の声は思ったとおりでしたか?

弟クンはもう名前が決まっていたけどここでは内緒!
正式な公表までお待ちください。

いやーしかし。可愛いっっっ。お顔はパパにも似てる気がするし、由美ちゃんにも似てる気がする。すっと鼻筋がとおっていて、目が大きい。将来が楽しみじゃわい♪
元気なお姉ちゃんやお友達のお兄ちゃんが回りにたくさんいるからね、きっとたくましく育つでしょう。
そうたん








弟クンを抱っこする由美ちゃん。
出産後の女性は一番美しくなる、と言うがそれは本当だ。
出産という大事を成し遂げた由美ちゃん、目がキラキラしていて、爽やかでとてもいい笑顔だった。やべっ!ちょっと感動しちまったぜい。
1






一緒に見に行ったママ達も「いいなあ〜。見てると欲しくなるなあ」とうっとり。
そう、最近では第2子をどうするか、という話題が多いのだ。

うちのチビたんももう1歳。今、身篭ったとしても2歳差だ。2歳差の兄弟などワタシのころはザラだった。
しかし・・・今のこの状態で妊娠・・・?!ありえない。

今だに夜中の授乳は2〜3回。あんよはまだなので移動は抱っこ。最近では後追い、といほどでもないが、常に抱っこを要求する。おろそうとするとイナバウアーだ。今まで一度も「だいぶ楽になったな」などと思ったことはない。
こんな状態で二人目・・・
子供を育てる前にワタシが死んでしまう(涙)

でも先日は近所の幸代ちゃんが菜乃香ちゃんを出産した。8月にはあさちゃんが女の子を産み、先日はダンナさんのお姉さんも女の子出産。
新生児というのはどうしてこんなに安らぎとパワーを与えてくれるのだろう。
みんな「子供欲しい」マジックにかかってしまうではないか。

うーん・・・
まあ、自分のことはいいや。
由美ちゃん!出産お疲れ様!!
今日は産院特性のフルコースディナーだね。
もりもり食べて、ぐっすり寝て、おうちに帰るまでに力を蓄えておいてね。
本当におめでとう!

パンを焼きました♪

今から何年前になるかしら。
24歳、女ざかりというのに、結婚の予定はおろか、彼氏すらいなかったふがいないワタシ。
就職して4年目、実家在住。小金もあるし、時間もある。そんな女がハマるのが、そうオケイコ事。

ということで、パン教室に通っていたワタシ。悪友には「パン教室じゃあ、出会いは望めないじゃん、スポーツクラブとかテニスとかにすれは?」とからかわれた。予告どおりふがいない状況が続き、1年半くらいパン教室に通ってしまった。

その間にいろんなパンを焼いた。アンパン、カレーパン、バターロールなど初歩的なものから、パン・ド・カンパーニュ、クロワッサン、ブリオッシュなどちょっと難易度の高いものまて。うちのオーブンじゃパンが焼けないワ、と母親にねだって高いオーブンも買ってもらった。

ところが教室以外ではあまりパンを焼かなかった。イイワケになるけど、機材がそろってないといろんな種類のパンは焼けない。型だって何種類もあるし、フランスパンなんてオーブンの中で石を焼いて、水をぶっかけ蒸気を出したりするのだ。家でやったら事故になる。それに、24歳遊びたい盛り。週末パンでも焼こうかなーと思っていても、やれ飲み会だ、スノボだと誘われたら、もちろんそちら優先だ。

母親に「オーブン使えや」とイヤミを言われても、なかなか自宅でパンを焼かなかった。その後一人暮らし、オーブンがなかったこともあり、だんだんパンから遠ざかっていった。

しかし、最近教室時代のテキストを母親が見つけてきてくれたのだ。
開いてみると、懐かしい・・・いろんな記憶がよみがえってきた。
そんなふうに昔を思い出し、昨日パンを焼いてみた。
すっかり忘れてることもあるし、チビたんをあやしながらのパン焼きはなかなか大変で、なんだかんだと半日作業になってしまった。

でも、パンを焼いてるときのあの幸せな香り。焼きたてパンの香ばしい味。
やっぱり手作りのパンは美味しいや。
調子こいて近所のママさんたちにも配っちゃった。

チビたんがいる分、頻繁にはできないけどたまにはパン焼き復活してみようかな。
そういえば、24歳のあのときも「いつか専業主婦になったら手作りのパンで朝ごはんだ」
なんて思ってたっけ。何事も無駄にはならないもんである。

ぱん

とうとう買ってしまった・・・

秋が来た。
読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・
しかしワタシはこの時期、購入意欲倍増の秋になる。
今年ももれなくそんな病にひっかかり、とうとう購入してしまった。

そう、前からほしかったアレ。
ボーナス様がやってくるまで待とうと心に決めていたのに
「買うもの決まってるなら、支払いの時期の問題だけだから買っちゃえば?」
とダンナさんの鶴の一声。

「あなたは今の掃除機に満足してますか」
アナタがコマーシャルに現れてから、ずっと気になっていたの。
ワタシも同じ思いだったから。
掃除機をかけたばっかりなのに、床に髪の毛やホコリを見つけたとき、どれだけアナタがそばにいてくれたらいいと思ったか。掃除という不毛な2時間、もしアナタがいたら、どれだけ輝かしい時間となることか・・・

恋焦がれてやまなかったアナタ、それは吸引力の変わらないただひとつの掃除機「dyson」

そんなに欲しければさっさと買えばいいじゃんとつっこまれそうだが、
ワタシは買い物に関してはちょっとM的なところがある。
欲しいものを買う前の、ワクワク感、それがあったらどれだけ素晴らしいかの空想、羽ばたく妄想を楽しんで、楽しんで、楽しんで、引っ張って買いたい人なのだ。
「dyson」にはたっぷり1年楽しませてもらった。

かったのはコレ。いろんなオプションがついている「dyson」PLUSコンプリート。
ダイソン


「販売店保証期間が3日間」とのことで(あとはメーカー保証になるらしい)試しに掃除機かけてみてよ、とのダンナさん。取りあえずというよりマジモードでお掃除してしまった。

ガーガーガー。前評判どおり音がすごい。チビたんがびっくりして泣き出してしまった。

さて、使った感想は?
「・・・・・」

わからん。劇的ビフォーアフター!みたいになるには、よっぽど前が汚くなければ分からない。案外マメに掃除しており、そんなに汚くないので、ちょっと変化がわかりずらい。
でも、クリアビンにごみが見る見る溜まっていくので、おおー吸い取ってるなあ感がある。
これは使っていくうちに差がわかってくるのかも・・・

買う前はMだが、購入後はSに変身してしまうワタシ。
お金を払ったあとは急激に執着心がなくなる悪いくせ・・・
熱しやすく冷めやすい、おひつじ座の典型だ。
イヤイヤしかし!掃除は日常的なことだからね、大事に使います。ハイ。

健康診断結果

先月受けた健康診断の結果が最近返ってきた。
ワタシは予想通り、貧血・・・。それ以外はA判定。

何人かのママ友も一緒に健康診断を受けたので、みんなで結果の話をしていたら、糖代謝と脂質代謝でひっかかってしまったママさんが・・・。糖尿家系らしく、体質的に危険なので、食生活を注意してくださいと市の保健師さんに言われたらしい。

食生活の改善。しかしダンナさんの朝食を作り、ベイビイのご飯を作り、ベイビイの相手をしながら家事をやり、ご機嫌をみながら夕食を作る・・・そんな生活の中、栄養バランスと取れた食事を自分のために作る、なんて厳しい。正直やってらんないと言ったところだろう。

その他、自分は平気だったけど、ダンナさんのコレステロールが高いとか、結婚してからパパが10kgは増えた、なんて話で盛り上がった。みんなそれぞれ家族の健康状態が気になっているようだ。

若いということはそれだけで健康だ。20代は徹夜しようが暴飲暴食しようがストレス溜まろうが、血液検査の結果が悪いなんてこと、ほとんどない。
それが、30代になるとテキメンに数値および体系に現れてくる。いやむしろ20代より食事の量だって減っているのに・・・と不満に思う人もいるだろう。
しかしこれが加齢のなせるワザ。新陳代謝鈍ってくるので、今までと同じようにしていては体重も悪玉コレステロールも血糖も増える一方なのだ。生活習慣を見直すターニングポイントとして受け止めようではないか。

増えてしまった体重をベストにもどし、喫煙者はタバコをやめ、継続的に適度な運動をすることで、コレステロールも血圧も血糖も八割がたは下がる。しかし!言うのは簡単だが、実行するのは難しい。ワタシだって、一生ビールを飲まないようにしないと80歳まで健康に生きられませんよと言われても、70歳の寿命でいいから飲ませてくれと思うに違いない。

健康維持は継続が命、無理は厳禁だ。“頑張ってる感”があると、途中でやさぐれる恐れがある。うまく日常に取り込めるようにするのが一番なのだ。タバコはみんな体に悪いと分かって吸ってるんだから、何かあってもあきらめるしかない。けど、ダイエットは日常のちょっとした工夫でクリアできる気がするな。

★飲み物はノンカロリーのものしかのまない。(ブラックコーヒー、お茶、ダイエットコークなど)
★キャベツ、モヤシ、ワカメなど冷蔵庫にある野菜をたっぷりゆでておいて、毎食ノンオイルドレッシングとか味ポンで食べる。(間食防止)
★食べすぎちゃった〜と思ったら散歩に出てカロリー消費。(適度な運動)
★毎朝体重計に乗る。(現状把握)

このくらいならあんまり負担にならず、日常生活に持ち込めるのではないでしょうか。
その他、自分に合った方法を見つけるのが一番。たとえば子供と遊ぶことでカロリーを消費するとか、車で行ってたところを自転車にするとか、定期的に献血してコレステロールをチェックするとこか(調べてくれるらしい)・・・

どうか“オレ流”の健康維持法を見つけてほしいものである。

3センチの壁

先日の土曜日に、ダンナさんの会社の後輩の結婚式があった。
会場は表参道。
招待されているのはダンナさんだけだけど、ワタシとチビたんもちゃっかりついていってしまった。ダンナさんが披露宴に出席している間、表参道やら青山やらをフラフラしようという作戦なのだ。

そもそも表参道とか六本木とかオシャレな場所にはトンと無頓着だったワタシ。服買うのだって、飲みに行くのだって、新宿とか池袋のほうが楽チンだもん。
それがこぶ付きとなり、行ける場所に制限がたくさんできてくると、急に表参道ヒルズやら青山などが神々しく見えてくる。田舎モンくさくてハズカシイけど。

そんな訳で、この日を心待ちにしていた。出産してから滅多にはかないスカートやブーツをひっぱりだし、自分なりにオシャレして(うわっはずかし)チビたんとともに表参道の地に降り立った。

表参道ヒルズに行ってみたい、そう言えば表参道の駅地下もお店がいっぱいできたんだよね。子連れにはクレヨンハウスっていうレストランがおすすめらしいから、そこでチビたんとご飯でも食べようか・・・
ワタシなりにいろいろ夢が膨らんだ。

まずは表参道ヒルズへGO。初めて行ったが、館内全体がスローブになっているので、ベビーカーが押しやすい。しかしヒトの多いこと。チョコの店も見たかったし、トラヤカフェも味見してみたかった。(食べ物ばっかりじゃん)でも人だかりでとてもベビーカーでは近づけない。
そしてそのうちチビたんの奇声。「あんまー!!」
最近のブーム・・・。ワタシからすればホンのご愛嬌だが、世間一般のヒトはビックリする。声をあげるごとにジロジロ見られるので、結局30分も滞在できなかった。

まあ、いいや。街中をブラブラできれば。しかしどこにいってもいちいちヒトが多い。それになんとまあ、美人の多いこと。えっこの人モデルかしら?と思うような女性に5分に一度くらいの割合ですれ違う。化粧といい服のセンスといい只者ではない。恐るべし青山。

そんな風にチビたんとブラブラしてたら、急にトイレに行きたくなった。そこでハっと気づく。一体どこで用を足したらいいんだ。まだあんよのできない息子を連れてトイレに入ることがどれだけ大変か。それにチビたんだって急にウンチしたらどうしよう。どこでオムツ代えよう・・・

慣れない場所にチビたんと2人きり・・・愚かな。自分の無力さを悟った。
その後は吸い込まれるように、表参道駅から徒歩10分の「子供の城」へ。
そう、今のワタシに行けるところはここしかない。
結局一日をほとんど「子供の城」で過ごしたのだった。
ハイハイのチビたんは当然土禁の場所で遊ぶ。付き添いのワタシはいちいちブーツを脱がなきゃならない。くーめんどくせえ。

すごく楽しみにしていた一日だったのに、ダンナさんが戻ってくるのを心待ちにしているワタシがいた。もちろんベビーカーで通りをお散歩することだってできた。でも・・・
横断歩道を渡るとき。お店に入るとき。いちいち足元に段差があるのだ。
普段、一人で歩いてるぶんにはまったく気にならない、えんせき部分の段差3センチ。それが大きな壁となって、チビたんとワタシの行く手を阻む。

地下鉄表参道の駅は、いくつもの出入り口があるのに、エレベーターがあるのはたったの一ヶ所だ。車椅子だってこれでは自由に動くことができない。
段差、階段・・・。バリアフリーって以外と少ないんだ・・・。

子供連れに向いていない場所。そう言ってしまえばそれまでなんだけど・・・
ワタシはベビーカーを通して、車椅子を見てしまうのだ。
障害のある方、お年寄り。こんなんで楽しめるんだろうか。

チビたんが生まれてから、環境のこと、設備のこと・・・いろんなことに気づかされる。こんな気持ち、いつか忘れてしまうんだろうか。それとも何かに生かすことができるんだろうか。
ひさびさ独身気分に戻って楽しめると浮かれてたのに、なにやら考えさせられる一日になっちまったわい。


当たったけど・・・

先日、よくいく近所のスーパーから荷物が送られてきた。
「?」と思い小包を見てみると・・・

“名産品詰め合わせ”
なにやら応募した懸賞が当たったらしい。
あれー?なんか応募したっけ・・・ぜんぜん覚えてないや〜

そう思い、小包をあけてみると・・
こんなものが入ってました。



2



・野沢菜と油揚げの煮たやつ
・雪菜と油揚げの煮たやつ
・にしん味噌
・鮭の焼き漬け

一体何の名産なんだろう・・・ただのお惣菜詰め合わせな気が。
それににしん味噌って何だろう。謎だ。

でもまあ、めでたく当選したんだし、いただきものだ。さっそく今晩のおかずの1品としよう。
野沢菜と油揚げの煮びたしを盛り付ける。なんか結構いっぱい入ってるなあ。

一口パクリ
「・・・・・」ま、まずい。
表現できないまずさだ。煮びたしなのに味が漬物とでも言おうか。

あまり味にうるさくないダンナさんも
「あんま好きくないかも・・・」

味がしっかりついてるので、アレンジしようもない。
いったいどうしたら・・・
この分じゃあと3袋の味も期待できまい。
せっかく当選したのに・・・
Profile
じんママ
ダンナさんと長男ジンと次男レイの4人家族。ブログが今、一番の楽しみなのに、チビ2人にブロックされている今日この頃。寝ている間にこっそり書いてます。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
キリンビールブログ発ブログパーツ