寝た子を起こすナ!

ジン4歳、レイ2歳になりました!

2008年02月

うまくいかない土日

最近、土日を楽しく過ごせないので凹んでいます。

土曜日はだいたい病院。2人子供をつれての病院は大変だから、緊急じゃない限りはだいたい土曜日に行く。+ワタシの歯の治療&旦那さんの喘息治療。

考えることは同じなのか、土曜日の病院はとても混んでいる
なんで、だいたい土曜日のイベントはコレでおしまい。

そして翌日、日曜日。

ワタシとしては、平日2人の子供がいるとできない事を片付けてしまいたい。確定申告やら、住宅うんぬんの書類が、ひと月前からつみっぱなしだし・・・

しかし、男の人にはめずらしく「お出かけしたがり」の旦那さん。
彼の場合、行きたい場所があるわけではなく、ワタシが「○○に行きたい!」というところに連れて行くのが好き。つまり、目的地はこちらが指定しないとダメなのだ。

しかも、どこでもいいってワケじゃなさそう・・・。口には出して言わないけど、ワタシが夢中になってしまう、デパート、スーパー系は×。できれば滞在時間より移動時間が長いほうが好ましいようだ。

でも。

「やることをキチンとやってから」じゃないと、遊んでいても楽しくないワタシ。

遊びにだって行きたいよ。
家事はエンドレスだから、終わりがないこともわかってる。

でも。

子供がいると、二人だった頃のように、思いつきでいろんなところに行くのって難しい。まず時間。食事やお風呂、寝る時間まで考えて行動しなきゃいけないし、夕方5時までには家に帰りたい。
家で準備していた昼食も、外食に変更しなきゃいけないし、当てもなく走ればガソリン代もかかる。ケチと言われればそれまでだが、毎晩、深夜帰宅になるくらい働いて旦那さんが稼いだお金、あまり雑に使いたくない。

そう、お出かけするには計画性が大切なんですね。

日々、お出かけ計画を立てる余裕もないし・・・
外を歩けばレイを抱っこして歩かなきゃいけないから疲れるとか、オムツ変えの場所がないとか、ジンのご飯をどうしようとか

「今日どうする??」と軽くたずねる旦那さん。その言葉を受けて、ワタシの頭の中がこんなにいろんな事を一度に考えてるとは思うまい。

「休みは楽しく、非日常的に過ごしたい」派の旦那さんと
「旦那さんが居てくれる休みの日に、普段できない事を片付けてしまいたい」派のワタシ。

土日ごとに、静かにバトルが繰り返されています・・・・。

「どっか行きたいなあ」とワタシが言えば、旦那さんは喜んでくれるのだろうけど。
素直になれない意地悪なワタシもいます。

機嫌が悪くなると、なかなかリカバリーしないジン。立たせないとイラっとしてキイキイ言うレイ。この2人の機嫌を損ねないように、気を使って生活している平日。その合間にやるべきことをかたづけて・・・当然終わらない。そんな雑用を横目に生活するのはストレスがたまるってもんです。

そのうえ、休日には旦那さんの気持ちもくんであげねばならない。ゆっくり休める時間、自由時間を作ってあげなきゃならない。そう、思う自分の気持ちに・・・疲れてしまったみたいです。

ジンは、旦那さんとワタシでしゃべってると、仲間はずれにされちゃったと思うらしく、言葉にならない言葉でワーワー騒ぎ出す。ゆっくりお話することもできないジンがオトナシイときはレイがグズルし・・・まったく見事な兄弟連携プレイ

しかも夫婦間が険悪だと、それを察するのか、お付き合いしてくれてるのか、ジンまで機嫌が悪くなる始末。

悪循環です・・・。

早く暖かくならないかな。風邪が流行ってる今日この頃、寒い中でかけて、ウイルスもらいたくないという気持ちも、ワタシを出不精にさせてるのです。

イライラ解消はもっぱらヤケ食い土曜日はミスドでたくさんドーナツ買っちゃった。出不精⇒デブ症になりそう、なんて、お後がよろしいようで・・(涙)

モヒカン

06361b08.jpg
269c553b.jpg






お風呂あがり・・・

油断してた☆

ジンがワセリンの蓋をはずし、塗りまくり〜。

もちろん頭も・・・

せっかくなのでモヒカンにしてみました。

言われたい言葉

ec8a6cde.jpg「ハム食べたい」とか
「靴はくの?」とか。
やっと二文語(と言うんだっけ)が増えてきたジン。ちょっぴり心配していたけど、大丈夫みたい。良かった良かった。

ビールをサントリー、洗濯機をトーシバと言うあたり、言葉のセンセイはワタシではなく、テレビみたいだけどね・・・

言葉同様、情緒のほうも成長してるらしく、只今「魔の2歳」まっただなかです。

気に入らないことがあると、ひっくり返って「キイイイ〜」
あのヒステリックぶりは絶対ワタシ似だ。

そして同じく成長著しいレイたん。
とにかく立ちたいみたいで、支えて立たせてやると超ご機嫌。しかしかまってやらないと・・・

ずっと「ああああ〜」「ぎぁああああ〜」と叫んでる。とにかくずっと。

体調が悪いせいかと思っていたけど、レイはそもそも要求の激しい男らしい。抱き上げるまで根気よく泣き続ける。

ジンはまだ2歳。かまって欲しいお年頃。レイは待ったナシだし、ワタシとて、やらねならないことがある。アンタらにかまってばかりいられないのだ。

3人の要求がぶつかりあうとどうなるか・・・

それぞれイライラがピークに達するんですねぇ。

最近は、ジンはともかく、チビのレイにすら「うるさい!」とシャウトしてしまう始末。

「こんな怒り方したら子供達の性格ゆがんじゃうんじゃないか」と思うことが度々あります・・・。

子供の要求に付き合えるときと、一緒にキレてしまうとき。まるで二重人格者のように毎回自分の中で戦っている。

ちゃんと遊ぶ相手をしてあげたり、頭ごなしに注意するのでなく、他に気を向けてあげるほうが、キィィとならないとわかっているのに・・

まるで“北風と太陽”みたいだ。暖かく包み込むほうが、結果的に正解なんだけど・・・気持ち的に余裕がないと、なかなか太陽にはなれないのよねぇ。


今日ママ友達に
「最近痩せたよね」と言ったら
「今、一番言われて嬉しい言葉かも」と言ってたな。

言われて嬉しい言葉・・・

たしかに、痩せたとか、若く見えると言われたら嬉しい。

でもな〜・・・

「まだ寝てていいよ」「ゆっくり食べなよ」「子供達の面倒見とくから、好きなことしなよ」
「一人でベッドに寝ていいよ」
「好きなだけビール飲みなよ」 言われたい・・・

大成功

fefc2655.jpgここ一週間の間に二回も熱を出したレイ。一回目の発熱は祝日。どこも病院やってないから困った、困った。

「なんだよ、体弱いなあ〜」なんて思ったけど、よくよく考えたらジンが5ヶ月のときよりは明らかにレイをつれまわしている。安静にしてあげられないのは、下の子の悲しいSAGA? と、体調悪くしていたレイですが、なんと本日、初の寝返りに成功!パチパチパチパチ〜。

うつ伏せから仰向けになる半回転を完全にマスター!良かったね、レイたん。

着実に時は流れ、どんどん子供は成長していくんだなあ・・・

ミエナイチカラ

今年の4月に、父の23回忌の法要があります。

突然倒れ、意識が戻ることなく旅立ってしまった父。あれからもう22年がたつなんて・・・時が立つのは早いものです。

そうは言っても22年。やはりいろんな事がありました。ツライことも、悲しいことも・・・
でも、どんなときも、自分を見失うことなく、ここまでやってこれたのは、父がそばで見守ってくれていたから。

ツライとき、恐怖や不安に襲われるとき、逃げ出したくなるようなとき・・・いつも父が横にいて
「りえ、がんばれ、がんばれ」と応援してくれていた気がします。

姿は見えないし、声も聞こえないけれど、お父さんはいつもワタシの中にいる。そして、ワタシが人の道をはずれることなく、元気にやってこれたのは、お父さんがいいように導いてくれたからだ、と思ってます。

ワタシだけじゃないよね、お母さんも、お姉ちゃんも。
どんなことがあっても、本当にヒドイことにはならない。それは、お父さんがワタシ達を守ってくれているから・・・なんです。

人は、死んでしまったら、もう会えないし、話もできない。けれど、愛している人たちをずっとずっと暖かく見守ってくれている。見えない力で助けてくれる。そう信じています。

いつもお墓参りのとき、父にお願いばかりしちゃってるワタシ。
23回忌のときは「今まで見守っていてくれてありがとう」と、ちゃんとお礼を言いたいです。



今年のばれんたいん

今日はサークルで“スウィーツ教室”に参加しました。

作ったのは
“デリス・ショコラ・フランボアーズ”
とても美味しい野いちご風味のチョコレートケーキ、とでも訳しましょうか。
旦那さんへちょっと早めのバレンタインチョコ。のつもりです。

内容はかなり本格的。難易度が高めかなあ・・・

ジンはやたら前の教台が気に入ったみたいで、ずーと椅子の上にのって離れない。よっぽど好きなのね・・・と思ったら、飾りのチョコレートをつまみ食いしていた!しかも大量に

子供達もみんなチョコクリームをぺろぺろなめていたので、口の周りがまっ茶ッ茶。ちょっと妖怪チックでした。

完成品。



tyoko







チョコレートとフランボアーズのコラボレーション。ちょっぴり大人のチョコレートケーキ。ジンと食べ物の好みがかぶる旦那さんには、ちょっとビターかな・・・。

食べるのは明日。あーーーーー楽しみだなーーーーー!(ワタシがかい!)

スウィーツ教室ではかなりいい子にしてくれていたレイ。
今朝、朝起きたらおでこが傷だらけだった。
どうやら夜中にフレディがやってきたらしい。(←わかる人にはわかる)


odeko

食事の悩み

今日はジンがほとんど夕飯を食べませんでした(怒)

海苔が欲しいと言うからあげたヤツと、豚肉の煮たのだけ食べておしまい。王様かお前は。

ジンは特に激しい好き嫌いはなく、量もたくさん食べるほう。子供の偏食やらむら食いに、真剣に悩まされてるお母さんに比べたら全然レベル低いんだけど・・・ 夕飯はジンが食べる時間に合わせて作るので、ジンだけいつも炊きたてご飯に焼きたてのお魚など、作りたてホヤホヤ。なのに食べてくれないとホントに悲しくなる。食べないならせめて食べたくないと言って欲しい。そしたらご飯は旦那さんに炊きたて食べさせてあげられるのに(涙) それと悩みがもう一つ。口に入れてあげるとキレイに平らげるのに「自分で食べてね」と放置するとほとんど食べない・・・。 お腹すいてないのかなと思いきや、食べさせてあげると全部食べる。だからつい口へ運んでしまう・・・。そんなワケで、未だにジンは一人でご飯を食べることができないのです・・・。

さすがに最近、日々葛藤。

「スプーンもはしも使えず、薬味のネギだけ手で食べる。これでいいのか?!」 「今、頑張って一人で食べれるように教えなくても、言葉が通じるようになれば、簡単にできるべ。一生一人で食べれない子はいないさ」 ホント悩みどころ。

うちは二人とも男だし、何年かたてば、「まだ食べるの」ってくらいガッツリ食べるようになるんだろうけど・・・。

そしたら、自分でご飯が食べれないような可愛い?時期を懐かしく思いだすのかなあ・・・

雪の中の結婚式

先日、友人ジュンちゃんの結婚式に参列した。

ずっと前から楽しみにしていた、このおめでてたき日。朝起きると一面銀世界・・・。挙式は夕方からだが、果たして無事に池袋の式場まで行き着けるのか???

天気と同じく、朝から曇天模様の金丸家。超雰囲気険悪
「送る」「送らない」で大もめしていたのだ。

“子供のときの夢はタクシーの運転手さん”だった旦那さん、ワタシをいつもどこへでも車で送迎してくれる。車で行けばラクチンだし、ありがたいし、本当は感謝しなきゃいけないのだろうけど・・・・

独身時代ならお姫様気分で送迎してもらえるが、一家の妻であり母である今、素直に「お願いします」とはいえない。普通の天候ならまだしも、外は大雪。おめでたい日なのに事故ったら目も当てられない。しかも子供2人はどうするの?たとえ車でも、鼻たらしたチビたちを外に出したくない。レイが移動中におっぱい飲みたくなったら困るし、長時間の車内でジンがぐずったらもっと困る

バスと電車を乗り継ぎ一人で行ったほうが、時間も正確だし、お財布も気持ちも楽だ。2人の子供と家でおとなしく待っていてくれたほうがありがたい。わざわざ雪の中、車で出て行く必要ないじゃないか・・・

と、散々説明したのだが、まったく聞く耳をもたない我が旦那。
「大丈夫」「おいらにまかせとけば大丈夫だから」の一点張り。車を出すために家の前の雪かきまではじめちゃって・・・結局まったくワタシの主張は無視され、池袋の式場まで家族そろって出かけることに。

幸いにも、大きな道路はそんなに雪深くなく、スムースに式場に到着。その後1時間くらいして、無事吉川についたとメールがあったので、やっとほっとして式に臨むことができた

ジュンちゃんは、独身時代、ともに飲み、遊び、そして語り、人生を彩ってくれた大切な友人の一人。年齢がすこし上ということもあって、友達なのに、ときにはお姉さんのように甘えてしまった。いつも話を聞いてくれて、ニコニコしてて、優しくて・・・・ほんとに一緒にいて安らぎを与えてくれる人。でもその分、きっと嫌なこととか、イライラもぐっと自分の中に秘めてしまうんだろうな・・・と申し訳なく思うこともあった。
でも、ご主人のどこに惹かれましたか、という質問に「素の自分が出せるというか・・一緒にいて、とても楽です。」と言うのを聞いて、ああよかったな、いい人にめぐり合えたんだな〜とうれしくなった。

友人のスピーチや、お父様のご挨拶のとき、感極まって泣いてしまった旦那さん。それを泣かずに優しく見守るジュンちゃん。母親と少年のような関係(?)が見ていてとてもほほえましかった。いいお式でした。


結婚式





出てくる食事はどれもこれも美味しくて、全て完食。注いでもらったシャンパン、赤ワイン、白ワイン、ビールも完飲。いやあ夢のようでした

「帰りは電車で帰ってくるからね」とさんざん言ったのだけど、やっぱり帰りも迎えの車がなぜゆえ雪の中、池袋まで2往復するのか・・・・。
送ってよ、とか迎えにきてよ、と言っても「めんどくさい〜」と断られケンカになるのが普通だと思うんだけど、なぜか逆の我が家。たしかに車での移動は楽だし、ありがたいのだけどねえ・・・

クリスピークリームドーナツ

2c63c7e4.jpgいただきました♪

しかも6つも。

さっそく一つはそのまま、もう一つは箱に書いていたとおり、レンジで8秒チンして温かくいただきました。

冷たいほうは、コーティングされた砂糖衣がパリパリして、ナイス食感。

温めたほうは・・・ビックリしたことに甘さ10倍にはねあがった!そしてドーナツが超ふわふわ〜。驚きの変身。

甘〜い、でもうま〜い。カフェオレとの愛情が最高っす。

実は落花生のほかにも、食べたくてたまらなかったのがドーナツ。ミスドのCMはいつもクギヅケになってた。(ジンは相武さきちゃんにクギヅケだけど) 食べてぇ・・・

近所のスーパーで、アンドーナツを「ジンと半分こ」するつもりで購入。しかしほとんど一人で食べた。(しまじろう先生に怒られる〜)

生協では無意識のうちに2週連続でドーナツ注文してるし。どんだけ食べたいんだ。

そんな矢先のプレゼントだったのでホントに嬉しかった。幸せ感じました♪

しかしおやつに二つドーナツを平らげる自分てどうなんだろ・・・ヤバくね?
Profile
じんママ
ダンナさんと長男ジンと次男レイの4人家族。ブログが今、一番の楽しみなのに、チビ2人にブロックされている今日この頃。寝ている間にこっそり書いてます。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
キリンビールブログ発ブログパーツ