寝た子を起こすナ!

ジン4歳、レイ2歳になりました!

2008年03月

庭仕事

ad32777a.jpg昨日、今日と泊まりで母に来てもらいました。

目的は庭仕事。出産とかぁ育児とかぁ日々追われて〜と言うのは言い訳に過ぎないのかも知れないが…
『奥さん失踪説』が流れそうなくらい荒れ果てた我が家の庭。雑草ボーボー、枯れ草伸び放題。花一つない。

どうにかしなきゃと思いつつ、二人のチビ達がいるとなかなかなので2日間集中して母に手伝ってもらうことにした。

お花大好きなうちの母。庭仕事のキャリアは長い。

雑草を抜き、無駄にデカくなりすぎたミモザを剪定し、枯れたコニファーを素手でパキッとおり、土を耕し…驚きのパワーとスピードでどんどん庭を片付けてゆく。その手際の良さといったら…母親が植木屋に見えた。

ワタシもボチボチ雑草を抜いたりしていたが、仁がちょっと目を離すとすぐ脱走するので、ほぼ何もできず(涙)

礼は母の背中で寝てるし、ここはお願いして、ジンと二人で公園に行った。

礼をおぶっていないぶん、普段よりアクロバティックな遊びにも付き合える。写真は、
『仁くん生まれて初めての木登り』

途中、ジンの大好きなきーははさんにバッタリ合ったりして、一緒に遊べてかなり楽しかった様子。
家にかえると花壇もいい感じに仕上がっている。自分の手はほとんど汚さす(笑)だんだん春らしい庭へと、変貌を遂げた。

まだ蕾は小さいけど、花が咲いたら花壇も寄せ植えもきれいになるだろうな。今から楽しみ。

いやしかしホントお母さまさまだ。自分だったら、今年一年草ボーボーのままだった。

2日間動きっぱなしの母。あの強靭な体力はどこで身につけるんだろう。謎

素敵な誕生日

もうじき33歳の誕生日を迎えます。ワタクシ。

誕生日当日は平日なので、昨日の土曜日、旦那さんがお祝いしてくれることにジンとレイを旦那さんの実家にあずけ、2人でお食事してきました。

最近「置いてきぼり」感に弱いジン。「ちょっとお出かけしてくるからね」と言い聞かせても超ブルーな態度。お義父さん、お義母さんの協力を得て、後ろ髪を引かれつつ、実家を出発。

レイのおっぱいもあるし、長時間の不在は無理。というわけで、実家から車で30分くらいの柏で、超ひさびさ夫婦だけのデート

「イタリアン食べつつワインが飲みたい」というワタシのリクエストに答えて、こじんまりとしたビストロ風のお店をチョイスしてくれた旦那さん。昼間から赤ワインを飲みつつ、パスタや合鴨のグリルなど堪能しました。
561e7d4e.jpg












外食運のないワタシ達にしてはめずらしく、お店は大当たり!熱々の状態でパスタを食べるのが久しぶり、ということもあるけど、すべてのお料理が美味デザートの“フォンダンショコラ”はとろけるようでした

その後はデパートでジンの服を買ったり、ぶらぶらと。のんびりウインドウショッピングするのも久しぶり。楽しかったな・・・。

実家でジンやレイがわあわあ泣いていたらどうしよう・・・と心配したけど、ジンはご機嫌で迎えてくれ、お土産のプリンを美味しそうに食べました。意外にもレイのほうが泣いていたみたい

預かってもらえるだけでもありがたいのに
「お家で食べてね」と、ローストビーフとサラダを用意していてくれたお義母さん。う、うれしい・・・
育児や家事の大変なツボを押さえてて、いつもこんなふうにさりげなく、サポートしてくれる。
肉





遠い将来、ジンとレイがお嫁さんを連れてくることになると思うけど、お義母さんみたいなお姑さんになりたい、といつも思います。そして、ジンに得意の英語を教えてくれたお義父さん。

ジンとレイの育児に追われて大変な毎日だけど、心のどこかでは「当たり前のこと」と思っているワタシ。でも、お義父さんとお義母さんはいつも「頑張ってるね」と応援してくれてる。今回も誕生日を楽しく過ごせるように、さりげなくいろんなところに気を使ってくれた。温かく見守ってもらえて、ほんと幸せな嫁です。

○





2人でお祝いしてくれた旦那さん、ありがとういい子で待っていてくれたジンにも感謝。ワイン入りの母乳でも文句言わないレイにも感謝(笑)

いろんな人に支えられてるんだなあ・・・ととても温かい気持ちになれた一日でした。33歳最高ー

伊豆旅行

行ってきました、伊豆旅行。

走行距離長め、滞在時間短め、が我が家の旅の特徴。
初日は、沼津を出発し、西伊豆経由で南伊豆へ。それから修善寺方向天城超えで、熱海の宿へ到着するという「伊豆半島半周コース」

初めに到着したのが「恋人岬」。
牛乳配達のおじさんが、なぜかジンに牛乳とコーヒー牛乳をくれた。「どっちがいいかな?」と差し出されて、両方受け取ったらしい。(得した)甘くてとっても美味しい牛乳、あとで1本250円もすると知っておどろいた。ありがとう、おじさん。

恋人岬は道が険しいので、途中で記念撮影しておしまい。

恋人岬









もうすっかり散ってしまった河津桜を見つつ、河津経由で弓ヶ浜へいき、昼ごはんに「伊勢海老ラーメン」を食べた。

次は下田で、黒船の遊覧船に乗船。
黒船







今はかもめに餌付けができる時期らしいが、あいにく鳥嫌いのワタシ、かもめが怖くてまったくデッキにでられずどこをどう走ったのかわからぬまま、遊覧船は終わってしまった。ジンは船内で走り回りまくり。

船の中









ワサビソフトやらイチゴアイスやらを食べたりしながら、天城を越えて、熱海の宿へ。

子連れ旅行のお約束といえば“部屋飯、部屋風呂”
しかし今回はあえてそれより部屋の広さに重点を置いた。リゾートマンション風で2LDKの広さ。ジンがどたばた走っても、レイが泣いても、回りに迷惑かけることもなし!レストランや大浴場にもホテルの作無依で行けて、超らくちんだった。

サムイ












翌日・・・雨
ワタシが旅行に行くと、ものすごい確率で雨がふる。ガッカリ。

チェックインも11時とゆっくりだったので、近くの“夢の熱海城”に行ってみることにした。夢の〜とついてるのがアヤシイと思っていたけど・・・予感的中。歴史深いお城ではなく、観光用に立てられた建造物らしい。建築昭和34年・・・昭和って

とりあえず、しゃちほこの前で記念撮影。
しゃちほこ



旦那さんの大好きな山道クネクネドライブを楽しんだ後は(ワタシは山道キラーイ)沼津港で遅めの昼ご飯。市場ならではの、海鮮系のお店がひしめくなか、旅行雑誌に載っていた“丸天”というお店をチョイス。ここで“うに、いくら、まぐろぶつ丼(かに汁付き)”を食べた。これでもかってくらいマグロのブツがのっていて、1450円。なかなかお得感ある丼、おすすめです。

お腹いっぱいになったところで、旅は終了しました。

今回の旅行の感想。「楽しかったけど、予想以上に大変だった・・・」
一番きびしかったのは食事。一人で食べれない&食べ終わったらじっとしていないジンと、食べる頃になるとなぜか泣き出すレイ。この2人をあやしつつ、片手で食事を食べつつ・・・・・はっきり言って、旅の一番の楽しみだった夕食は、味なんて全然覚えてない

なぜか出先で、しょっちゅう声をかけられるジンとレイ。なかには「抱いてもいい?」と聞いてくれるおばあちゃんもいたりして、お風呂では本当に助かった。その人たちは必ず「今が一番かわいくて、いい時よねえ」と言う。一番大変なときではあるけど、子供が離れてしまうと、あの頃がよかったなあと思うのよねえ・・・と。

正直、ゆっくりご飯食べたいなあ、とかのんびり風呂に入らせてえ、と思う自分もいるのだけど、こんな風に思うとおりにいかない旅行も振り返ればいい思い出になるんだよね、きっと。

いやいや、子供たちも楽しかったのか、ハイテンションで夜も寝ず、寝不足でヘロヘロになったのは親のほう。たかだか一泊の近場旅行だというのに、気分的にはアリゾナへ行ったくらい疲れました。(行ったことないけど)

春旅一番

現在、海老名インター。

「どっかお出かけしないの〜」と週末ごとに言う旦那さんのリクエストにお答えし、前々から計画してました☆
伊豆あたり、ふらりと行ってきます〜。

今朝は4時起き。はあ眠い・・・

3月14日、15日

3月14日。ホワイトデイ。

『帰りにケーキでも買ってきてくれるかな』と期待していたら・・・

もっとビックなプレゼント。
この春注目のビタミンカラー(と、めざましテレビの“もっと今ドキ”で言ってた)のバック。

かばん

『サプライズ』ってやっぱりうれしいありがちゅー

3月15日。母の誕生日。

ちょうど土曜日だったので、姉夫婦と合わせて母のお祝いをすることに。
姉ユミコがどうしても行きたいというので、キッザニアで話題の『豊洲ららぽーと』へ。


実は20代の前半、豊洲にある会社の社員食堂で働いていた。2年余り通った場所、大体地理がアタマに入ってると思いきや・・・

久しぶりの豊洲は、ワタシが働いていたころと、まったく別モノの街になっていた。

・・・・びっくり。

なーんにもなかったのに。発注を失敗すると、どこで食材を購入すればいいのか頭を悩ますような、閑散とした土地だったのに。

高層ビルの集団ですよ。ここはお台場か?って感じ。自分がいる場所も方向もさっぱりわからない。
・・・・すごい。たった5〜6年で、ここまで変わってしまうものなの??

勤務してるころに、こんなに開けてたら、毎日定時にあがって遊びに行ったのに・・・。

豊洲ららぽはお店もたくさん入ってるうえに、公園が隣接。楽しい遊具がいっぱいで、甥っ子のユウキとジンは楽しく遊べたようだ。子供たちを母にまかせ(誕生日なのに)姉とワタシはお互いの旦那さんも放置し、お店をまわりまくった。買い物に飢えてる姉妹。

天気もいいし写真もパチリ。(レイは寝てたのだ)

3人


というわけで、今年も母の誕生日に集まることができてよかったのでした。

ところが・・・

たった1時間しか昼寝をしなかったジン。すぐ寝るかと思いきや、へんなスイッチがはいってしまったらしく・・・。

寝ない!待てども待てども寝ない!

結局寝たのは、深夜2時半・・・・ヘトヘトです。

一人水泳部(継続未定)

ある朝、顔を洗っていたとき、ふと「泳ぎたいな・・・」と思った。
最近暖かくなってきたせいか、水が気持ちいい。思いっきり手足を伸ばして水に浮かびたいな〜。そう思ったらいてもたってもいられず、先々週の土曜日、ジン&レイを旦那さんに預け、隣町の市民プールへ行って来た。

ちゃんと『泳ぐ』のはもう3年ぶりくらい。しかも子供たちもついてこない!超浮かれ気分で、キレイなプールに乗り込んだ。

久々のプール。北島こうすけ選手のように

「気持ちいー!超気持ちいー!!」

となるハズだった。ところが・・・・く、苦しい

しばらく泳いでいないと「水が重い」と感じることがあるが、今回はそれどころじゃない。苦しい。息ができない・・

元水泳部のくせに、クイックターンも2回したら出来なくなってしまった。
妊娠、出産で、プールに縁がなくなっている間に、すっかり心肺機能が低下してしまったらしい・・・・。

結局、50mを3回泳いだら、1回歩くという情けないパターンを繰り返し、なんとかノルマの1kmを泳ぎきった。

『1km』というと、すごい泳げるように思うかもしれないが・・・
泳ぐのと走るのはよく似ていて、ジョギングのようにゆっくり泳げば、長時間そして長距離泳げるようになる。ハズだったんだ

追い越し禁止のコースだったのに、途中おっさんに追い越された。「ムカッ」ときて、立ち止まってみると・・・
おっさん遅いしあいつより、ワタシのほうが遅いのかよ〜(涙)

こんなんじゃあ、ジンやレイに泳ぎを教えらんない・・・溺れても助けられない・・・

危機感を感じたワタシは、先週の土曜日、再度泳ぎに行った。
今度は近所にある市民プール。隣町のプールと違って、泳ぐコースと歩くコースが離れているため、泳ぐだけに専念しなければならない。
相変わらず苦しかったが、歩くことなく、トータル1km泳いだ。あまりに疲れて、夕方5時には眠たくなった。

伸びきった筋肉を鍛えるには、すこし時間がかかりそうだ。子供達の機嫌もあるし、毎週とはいかないが、忘れない程度に通ってみよう。プールも時間も曜日も決まっていない、名づけて『一人水泳部』

しかし・・・おっさんに負けないようにハッスルしすぎたのか・・・翌日から背中が痛い肩甲骨の辺り。筋肉痛というよりは、筋そのものを痛めたような・・・日に日に痛みが増してきて、こらえられず、禁制のサロンパスを張ってしまった。なぜ禁制かというと、ワタシは肌が弱くて、絆創膏とかサロンパスのような粘着性のものをはると、形そのまま腫れあがってしまうのだ

痛い・・・そして痒い。
泣いてすがるジンを置いて、無理やりプールに行った手前、プールのせいとは思いたくない〜。レイをオンブしすぎかもだし。
『一人水泳部』しばらく休部です



そり恐怖症

近所の公園に、そり滑りが楽しめる「きよみ野富士」という山がある。

引っ越してきたときから「うちの子もこの山をそりですべるんだろうな〜」なんて楽しみにしていた。

この間公園に行ったとき、そりで遊んでる子をじーっと見ていたジン。何を思ったか、突然その場に座り、滑るマネをし始めた。どろんこになったズボンを見て「いよいよそりデビューが近づいてきたか?」と考え始めた。

それからはそりを探してさまようことに。
トイざらすで見たことがあったのに、シーズンオフなのか売り場にナシ。
島忠ホームセンターにもなく、ホーマックにも置いておらず・・・

あきらめかけた矢先、公園でころがってるそりに「カマニ」のシールがはってあるのを発見!!

「カマニ」
それはたぶん吉川に1店舗しかない、超ローカルなお店。ないものはない!って感じの激安店。そっかーカマニか!!そりゃ盲点だった。

さっそく昨日、家族4人でカマニへ。大きいそりと小さいそり、どちらにしようか迷っていたのだが、旦那さん曰く「両方必要」

一緒に乗るのは大きいそり。ジンが一人でのるときは小さいそり。二つ買おうと言う。え〜・・・場所取るし、お金も倍になるし、一つでいいのに・・と思いつつ購入。

さっそく二つのそりを持って、本日公園へ。

c53b16f4.jpg


喜んでウキャー!!とはしゃぐと思っていたのに、なぜか警戒するジン。
手にジュースを持って離さず、全然そりをつかもうとしないし

嫌がるジンを前にのせ、旦那さんは後ろで、小さい山のほうで初すべり!
ところが・・・しばらくして「ギャー」という大きな泣き声が聞こえてきた。
どうやら、そりに足が挟まって、痛い思いをしたようなのだ。

それからはまったくそりに近寄らなくなったジン。
そりにのろうよと言っても「やりましぇーん!!」と叫ぶ。

ワタシが楽しそうにすべれば、やる気になるかな、と思い、勇気を出してそりにチャレンジ。ところが体重が重すぎるのか、運動神経が鈍いのか、ぜんぜんそりが前にすすまない(涙)

公園でよく会うママが、軽快に滑っていたのを発見!声をかけてレクチャーしてもらった。が・・・やっぱり怖いワタシはそもそもこういうのは苦手なのだ。

その姿をみて、ますます恐怖が増したのが、ジンはまったくそりに近寄らない。教えてくれたママが、優しく「一緒にすべる?」と言ってくれたのに、「いやらよー!!」と大絶叫。

そり・・・大失敗(涙)

しかたないので、レイをのせて引きずっていくことに。
80ccffdd.jpg



しかし、それも気に入らないらしく、やめてやめてと大泣き。なんだジンものりたいんじゃない?と思い、また乗せようとすると・・・
体をそらせて大泣き!大の字になってしまった。
51f2a06f.jpg



「二つも買ったのに・・・どうすんだよ」と旦那さん。だから一つでいいっつったのに・・・。あんなに探しまわって、やっと手に入れたのに(しかも二つも)こんなに拒絶されるなんて。悲しすぎる

「そり恐怖症」のほとぼりが覚めるまで、しばらく封印です。がっかり。

どおしちゃったの??

ずいぶん前に、ジンが「ママっ子」になった、と書きましたが・・

最近さらにヒートアップ!

ちょっと前にやった料理講習では、大好きな託児ルームに行かず、ひたすらワタシの足元ちょろちょろ「抱っこ〜」連発。

他の講習会の託児でも、魅力的なおもちゃを前にしても、ワタシから全然はなれず。

そして今日。サークルの途中、ちょっとコンビニに行くために、ママ友にお願いしてお部屋に置いていったら・・・

震え上がるほどの号泣だったらしい。なんと玄関まで泣きながらお迎えに来てくれたくらい

そういや、こないだの土曜日。
旦那さんに預けて出かけたら、30分くらいご機嫌ナナメだったとか・・・

変われば変わるもんだなあ。

あんだけ託児大好きだったのに。
旦那さんが会社に行くと、泣いて泣いて、ワタシに八つ当たりして大変だったのに。
ワタシにあまりべたべたしなかったのに・・・

みんなには「ママっ子じゃなくて寂しい〜って言ってたから、ちょうどよかったじゃん」と言われるけど・・・

たしかに“ママじゃないとダメ”ってトコがまるでなかったので、なついてくれるのは嬉しい。でも、今まで全然そんなじゃなかったから、逆に何かあったのかと心配になる。精神的に不安定なのか・・とか。たぶんレイの存在もあると思うんだけど。しかしレイが生まれてもう半年経つのに、今頃赤ちゃん返りみたいなのって・・・遅くね??

いずれにしても、これからは自分が不在にするときは、少し考えないとダメだな。
「ジンは大丈夫」って思い込んでるところがあるからなあ・・・

そうそう、今朝のこと。
寝起きの機嫌がよかったので、オムツを変えるついでにトイレに連れて行った。

補助便座にのせ「おしっこしてごらん」と言うと・・・

しばらくふるふるした後、したんですよ、おしっこを!!

チョロチョロでるおしっこを見て、超感動!!
規模が違うけど、まさに井戸を掘り当てたような。
「出たー!!出たぞおおおおおお!」

めいいっぱい褒めてあげました

そして夕方。お風呂前にもう一度トライ。
チョロチョロ〜  出た・・・。

ま、まぐれじゃない

かなり距離を置いていたトイレトレだけど、少しやる気が出てきました。
起きたときとお風呂前に補助便座に座らせてみようかな♪

毎日と行きたいところだけど、朝の寝起きの機嫌によるな。夕方もお昼寝なしだとお風呂入る5時過ぎは超機嫌最悪。そんなときにやっても逆効果だからね。

ジンさまの機嫌をみつつ、のんびりペースですすめていきます



プレゼント

今シーズン最後の作品。

キャスケット







キャスケット。そしておそろいの糸で編んだワンちゃんの手袋。

かわいいコサージュやワンちゃんのお目目の縫いつけなど、ママ友に協力してもらってできあがりました。

この作品は、大切な人の愛娘ちゃんにプレゼント。
昨日、お嫁に出してきました。


心ちゃん








喜んでくれたかな〜?

初乗り

レイたん☆歩行器デビュー。

立て抱き好きの我が息子達。抱っことおんぶのときはご機嫌なんだけど、寝かせると途端にきいきい言い始める

首がしっかり座ったこんな時期、活躍するのが歩行器。
しかし、姉から要請があり、ジンが愛用していたミッフィーちゃんの歩行器は返却してしまった。

買おうか、どうしようか・・・
使うのは3ヶ月くらい。でも、ずっとオンブもきついしなあ

そんな話をしていたら・・・
「うちの貸してあげるよ!」とユータくんママからありがたいお申し出が。
ユータくんの妹のチヒロちゃんは、まったく歩行器に乗らないので、使っていないそうなのだ。


神様

さっそく昨日、ありがたくお借りいたしました。

思ったとおり、歩行器にのせるとご機嫌なレイ。
なぜか、両手はテーブルにのせず、膝の上。ミョーにお行儀がいい。
歩行器








歩行器にのってると、小一時間くらいはご機嫌。ああ助かる。ユウタくんママ、チヒロちゃん、本当にありがとう。

歩行器はなぜだかジンにも大人気。隙を見ては自分で乗って遊んでます。

ジンは意外とレイに優しい。「ハイ、どーうじょ」と言いながら、歩行器のテーブルにガラガラをのせている。レイが遊ぶって知ってるのね。たまに「いい子いい子」とアタマなでてるし、泣いてると、さりげなく隣に行く。

レイが活発に動くようになると、また関係も変わってくるのかも知れないけど、今のところかなりほほえましい感じです。それとも、仲良くしてると、ワタシがニコニコするからそうしてるのかしら。アイツ意外と空気読めるようになってきたからな。最近。





兄ちゃん


歩行器のレイの前で踊るジン兄。
Profile
じんママ
ダンナさんと長男ジンと次男レイの4人家族。ブログが今、一番の楽しみなのに、チビ2人にブロックされている今日この頃。寝ている間にこっそり書いてます。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
キリンビールブログ発ブログパーツ