寝た子を起こすナ!

ジン4歳、レイ2歳になりました!

2009年06月

相当弱音ですが・・・子育てって・・・

チビたちの扁桃腺炎がやっと回復したと思ったら・・・

今度はワタシに

鼻やら咳やら出るので、風邪だとは思うのだけど、とにかくヒドイのが頭痛。土、日、月と3日間、頭のズキズキに悩まされた。特に頭を動かすと痛くて、下を向くのが怖いくらい。

土日をはさんでいたので、旦那さんに子ども達を見てもらえて、本当に助かったでもずいぶん長いこと横になっていたワリに、なかなか良くならない・・・。

我が家の息子達は、寝転がっていると「カモーン」の合図だと思うらしく、ジンとレイが競って上に乗ってくる調子が悪くてもご飯を作ったり、寝かしつけたりはしなきゃいけないし・・・母親の不調は一番罪深いですナ。

ずっと幼稚園を休んでいたジンは昨日からようやく復帰

ジンは製作が大好きで、いつも幼稚園で作ったいろんな作品を紙袋に入れて持って帰ってくる。ワタシに見せるのを楽しみにしているのだ。でも、リビングにそれを置いた瞬間、レイが「グチャグチャー」と

「ギャーレイ君が!!レイ君が!!」という悲鳴とともに、一撃そしてわあわあ泣いてるレイに何度も何度も鉄拳をくらわすのだ。

そしてその大事な作品さえも、ジン自身が足で踏み潰してしまう。

大切なものだから、触られたくない。グチャグチャにされたくない。
その気持ちはよーくわかる。でも・・・レイはまだやっていいことかどうか、言ってもぶってもわからないのだ。

・・・この状態を見て注意しないわけにはいかない。

実は幼稚園を休んでいた間もずっとこの調子。ジンが作ったものをレイがグチャグチャにする⇒ジンがキレる。

この「兄弟ゲンカ」というのは何とも親の心を消耗させる。うまくジンを納得させる言葉が見つからず「レイは1回しか悪いことしてないのに、ジンは4回もレイをぶったでしょう」とか、ワケのわからないことを言ってしまう

あと、さらにワタシの心を荒らしていくのが「レイのわけわからん泣き」

まだ言葉が出てこないから、自分の感情を泣くことでしか表現できない。わかってるんだけど・・・

朝、最高に忙しい5時30分という時間帯に、勝手に起き出し、お母さんが何もできないくらいワアワア泣いてるのはどういうこった

レイが好きなジャムやらかまぼこを並べても、下に落として泣きやまず
「いい加減にしてよ」とキレるワタシ。

ワタシが怒るのを何よりも嫌う旦那さんは
「もう弁当はいいから、レイを見てやってよ」

・・・お弁当、半分できちゃってるのに・・・


頭痛い・・・でも泣いてたらあやさなきゃいけないし、子供の一方的な要求にも答えてあげなきゃいけない。自分の好きなことどころか、家事だって満足にできない。
子ども達は旦那さんとワタシが二人で話すことも好きじゃない。いつだって自分達が中心じゃなきゃダメなのだ。気がつけば旦那さんと会話をほとんどしていない。

家族が4人もいるのに、なんだろうこの孤独感。

最近、子育ての大変さやイヤなことばかり目について、楽しさが全然見えてこない。

いや、もともと楽しいと思ってるほうが幻想なのか?辛くて当然と思っていたほうが気が楽になるかもしれない。修行なのよ、きっと・・・


・・・暗いな

旦那さんを送り出した後、少し泣いてしまった。それをジンが見たのか、察したのか・・・きゅっと握ってくれた手が温かかった。

バカだなあ、ワタシ、一人じゃないのに・・・

最悪な10日間

何日か前、熱があるレイと咳をしているジン、二人一度にお医者さんに診てもらった。そのとき
「3日間のむと7日間効き目が持続する抗生物質」を処方してもらったので

「7日間は病気にならないんだな」と思い込んでいたワタシ。

しかし、その間に、ジン発熱扁桃腺炎で喉が真っ赤に。なんと熱が下がるのに3〜4日かかるという。そして最悪なことに、同じ日の夜中、落ち着いていたと思っていたレイが再度発熱

翌日には39度7分に
7日効果がある抗生物質はまだ効いてるハズ。もしかして肺炎が悪化したのでは・・・?

翌日、病院に行ったときは、あまりにも熱が高かったので、入院も覚悟していた。「ああ、レイもジンみたいに県民共済に入っとけば良かったなあ」と思いながら。

ところが結果的には「お兄ちゃんの扁桃腺炎がうつってます」とのこと。7日間効くハズでは・・・・

今日、母についてきてもらい、二人を病院に連れて行った。やっとジンは扁桃腺の腫れがおさまり、レイは峠を越しましたね、とのことで、回復の兆しが見えた


・・・・長かった。

看病生活10日あまり

こういうのって、カラダより、精神的な疲労がひどい。

体温計で39度越えを見たときの「ひえええ」という驚き。

熱でグッタリしてる我が子を抱きかかえ病院まで走るとき。「もうちょっとで先生に見てもらえるからね。頑張れ、しっかり」と励ましつつ、実は自分に言い聞かせたりして。

夜泣きもまいった熱が出てしんどいのはわかるけど、ワタシ一人のときに二人になかれると全くどうしたらいいか・・・

あまり不調に慣れていないジンは、ワガママばっかりごはんも食べないし(食欲ないから仕方ないけど)なぜか寝ない。これじゃあ、治るワケない・・・

そして度重なる病院通いで、ジンはすっかり病院が嫌いになってしまった。特に痛いわけでもないのに「あ〜ん」がイヤだと、病室に入るのを嫌がる。

「あ〜んできたらTHUTAYAで好きなの借りてあげるから」とか「病院ついたらコーラ買おう」とかいろいろ譲歩したのにも関わらず、先生の前で暴れ、泣き叫び

「ガブッ

ワタシの顔を噛んだ〜


・・・・・・・この一件でワタシはすっかりジンが嫌いになった。

大人げないけど

にっこり笑ってあげられないワタシが気に入らないのか、ジンのワガママはさらに炸裂。冷戦状態が続いてます。

やっぱ、心身ともに健康じゃないと、ダメだね〜

落ち着いてなかった・・・・

先日、幼稚園から帰ってきたら、お友達の遊ぶ予定になっていたジン。

でも、熱はないものの咳をしてるし、レイは病み上がりだし・・・で、約束をキャンセルして、家で安静にしてることにした。

しかしダラダラして退屈そうなので、
「床屋くらいならいっかな?」と思い、ジンの大好きな1000円カットに出かけた。

髪を切ってる間、床屋さんに
「この子、熱あるよね。」と言われ・・・

え??まさか?

土曜日に行った病院で抗生物質を処方されており、まだ効いてるハズまさか熱がでるなんて思ってなかった。

慌てて帰宅し、熱をはかると

39℃

しかも突然、カラダがガタガタ、歯はガチガチ

大パニック

まだ咳をしてるので、ほんとにほんとにほんとに申し分けないと思ったのだが・・・
近所のお友達にレイを預かってもらい、ジンを連れて病院へ。

結果的には、熱が急にあがったから、ガチガチいっただけで、痙攣ではないらしい。扁桃腺が真っ赤に腫れており、これからも熱がでるでしょう、とのこと・・・

まいった

夜中にはジンだけでなく、レイも発熱

どうなってるんだ???

今朝早くから母が来てくれたので、とりあえずは安心

二人とも熱が下がり、元気はつらつ。

でも、子供って急にどうなるかわからないから安心できない
まいったなあ・・・・

落ち着きました!

点滴&薬で、レイはやっと熱が下がりました。まだ咳はあるものの、かなり回復いやはやご心配おかけしました。

レイは点滴の針を抜いてもらいに、ジン&ワタシは咳が止まらないので、土曜日に家族3人まとめて、病院で診てもらった。

結局、レイは肺炎、ジンは気管支炎、ワタシは風邪という診断。

病院はものすごい混みっぷりあちこちで咳やら嘔吐やら・・・風邪、流行ってるなあ・・・

高熱が出つづけたレイ。しんどくてグズグズ言うし、夜中はうなされるしで、ほんとキツかったなあ・・・

この一週間、「レイくん、お熱あるから静かにしてね」とか「今日はお風呂一緒に入れないんだ。シャワーでもいい?」など、ジンにはかなり我慢を強いてしまった。

ジンからすればいつもどおりなのだが、
「あしかさん、ごはん食べさせて」とか
「あしかさん、パソコン見たいよ〜」とか要求されると

ああもううるさいなこっちだって大変なんだから一人で遊んでいてよ大きい声だすとレイが起きちゃうじゃないかワタシだって体調悪いんだから一人でできることはやってくれよ飯くらい自分で食え

言葉には出さないものの、そんなオーラが出てしまい・・・

理不尽な八つ当たりを受けたジンが、イライラしてワガママがパワーアップするという・・・

イヤーなスパイラルにハマってました。

そして病院に行った土曜日にお互いのストレスが爆発ジンは病院じゃなくTHUTAYAに行きたかったのに、無理やり病院で車から降ろされたことに腹を立て、床に寝転んで泣き叫ぶ。

「いい加減にしろ

とブチ切れたワタシは、人前にもかかわらずビンタ一発


ワタシが良くないのはわかってるんだけど
「こっちだって一生懸命やってるんだよ」という気持ちが、なかなか素直にさせてくれない。ジンにあやまれないし、優しくしてあげられない。

するとその夜・・・

久しぶりにジンの夜泣き

「やだよーやだよーやだよー」と足をバタバタさせ大絶叫。目は開いてるのに、起きてない。無意識の抵抗・・・

ジンは寂しいんだよ。かまって欲しいだけなんだよ・・・旦那さんにそう言われた時は「そんなこといったって無理!」と思った。でもこの夜泣きを目の当たりにしちゃうと・・・


・・・・反省深く深く反省・・・


もう絶対明日からは怒らないぞ。

翌日の日曜日、サービスして家族でTHUTAYAに行った。帰り道「ジンさ、昨日イヤダイヤダって夜中にワーワー泣いてたの覚えてる?」と旦那さんが聞くと
「覚えてる」と言うではないか。

「な、何がイヤだったの?」とおそるおそる聞くと

「ジンくんねえ、薬がイヤだったのお〜」と一言。

へ?薬?ワタシの態度ではなく???

一瞬コケって感じだったが、いやいや、なかなか本音を言わないジンのことだ。もしかしたら久しぶりの家族団らんの雰囲気を壊したくないだけかもしんない。

やっぱり怒るのはダメだ、優しくしよう。いつも笑顔でいよう。

そう思いつつ、しびれた足を触られただけで

「ダーーもう、ヤダ、あっちに行って」とブチキレてしまうダメなワタシ。

手がしゃもじ

願いむなしく・・・レイはまだ熱が下がらず

火曜日の午後から咳&発熱

水曜日は起きたら下がっていたので「なんだ良かった」と思っていたら、午後14時過ぎから、座ったまま動かなくなり・・・発熱しかもこのときは相当熱が高かったらしく、目が朦朧としていたので、解熱剤を飲ませた。

木曜日は一日中38度後半。

そして今朝の明け方もかなりカラダが熱かった病院からもらった薬を3日間も飲んでるのに、まったく回復する気配がない

不安なので、今度は市内の総合病院で診てもらうことにした。

昨日の夜中は「吐くの?」ってくらい深い咳をして、一瞬白目をむいたレイ。超ビビった。しかもあんだけ食いしん坊なのに食欲がない。末期症状だ

先生に上記の内容を説明すると、まず“白目”に反応。そして喉は赤くないから肺かもしれない・・となんとレントゲンをとることに。喉のウイルスの検査に、血液検査まで。しかも点滴も打つと言う。

え・・・そんなに悪いの


血液検査も点滴の注射も、ワタシと離れたところでお医者さんがしてくれた。
想像どおり、ものすごい絶叫ギャーッギャーと暴れ叫ぶレイの声を聞いてると、こっちが泣きたくなってくる

レントゲンも一人ぼっちだったし、よほどツラかったのか、ギュッと抱きついて離れない。泣きっぱなしで、熱が余計あがってる感じがする

結局、原因らしい原因は見当たらず、ウイルス性の風邪・・・ということになるのかしら。レントゲンの結果、肺に炎症があるようだった。はじめに行った病院で処方された抗生物質は、まったく効いてないようなので、違うタイプの薬を出しましょう、とのことだった。

あんな苦労して飲ませたのに・・・・

しかも今回の薬は相当苦いらしい。ただでさえ薬が苦手なレイ。飲ませるときの様子は、一瞬見たら“虐待”そのもの。いや、だって、飲まないと意味ないじゃん・・・・ああ、ちゃんと飲んでくれるだろうか


点滴をすると、症状がテキメンに良くなるので、親からすると安心なのだが・・・
小さな腕に針をさされるワケだから、子供にとってはたまらない。そのツラさは忘れられないらしく、点滴中は寝て、目覚めて、泣いて、寝て・・・の繰り返しずーっと抱っこしていた。しかも立って・・・

9時に病院に行ったのに、帰宅は13時・・・

・・・疲れた。

せっかく点滴の管を通したのだし、熱が下がらなければ、翌日も点滴しましょうということになった。前回の点滴のときも同様で、チャーシューのように手を包帯でグルグル巻きにされて帰宅したが。

今回は巻き方がアレンジされている。まるでしゃもじのようだ。

レイたん、手がしゃもじだね・・・

意味もわからないし、ひでえ目に合わされたなって感じで

レイはちっとも笑ってくれない

どおしよお…

「ジンもレイもほんと丈夫だよね〜」

と言ってるそばから、二人とも相次いで体調を崩してます。

ジンはこないだの土曜日、原因不明の激しい嘔吐で病院へ。幸いにも1日で治り、幼稚園は休まずにすんだ。

そして今日、昼寝から起きたレイが突然咳を連発、滝のような鼻水。熱もあるので、慌てて二人を連れて病院へ。

そのときは元気で「病院行くほどでもなかったかな」と思ったのに…

今やかなり高熱(汗)寝てるけど…

子供はすぐ熱を出したり吐いたりするものなのに

ワタシはホントにだめ。不安で不安で仕方ない(涙)

痙攣起こしたらどうしよう…とかもしやインフルエンザ?!とか、悪いほうばかりに考えちゃって、激しく動揺してしまう。

ありがたいことに二人とも大病せずここまでこれた。

でも

これから何があるかわからない。それが子供なのだ。

いちいちオタオタしないで覚悟を決めるんだ!ワタシはお母さんなんだから!

こないだの土曜日にジンが調子悪かったときも同じことを思ったのに。

やっぱりだめだあ〜
特に夜は嫌(涙)旦那さんは帰りが遅くて一人ぼっちY(>_<、)Y

どうしたらいいんだあ〜

ひたすら
「お願い、熱下がって!」と祈るのみ。
ああ…この異常なまでにビビりな性格、どうしたら改善できるんだろぉ

耳が大きくなった

83768eb4.jpg昨日のこと。幼稚園のバスから降りるなり、先生が「耳が大きくなっちゃったんですけど…」

「!?」

ジンの両耳を見ると、たしかにいつも1.5倍はある。しかも真っ赤っかで痒そう…。

両耳だから虫刺されとも思えないし…よく見ると手も足も腫れてるところがある。何かにかぶれたのか?

皮膚科につれていこうと準備してて、はたと気がついた。皮膚科は水曜日がお休みだった…

「虫とか触っちゃった?」と聞いても「触ってない」と言うし、原因がわからん。

翌日は幼稚園で健康診断があり小児科の先生が来るとのことなので、そこで見てもらうことにした。

軟膏を塗るとギラギラ光って、やたら耳が強調される。

デカい…

なんか前から見るとチンパンジーみたい(笑)

旦那さんが帰って来て「ジン、耳どうしたの?」と聞くと「…虫触っちゃったの」と言うではないか!

あれ〜ワタシにはそう言わなかったのに!ワタシが虫嫌いで、あまりにびびるから、虫を触ったら怒られると思ったのかな…

夜のうちは腫れがひどく、「ひどくなるなら幼稚園を休ませて病院に行ったほうがいい」と旦那さん。

しかし朝になると、少し赤みも腫れもひいたので「大丈夫そうだな」と思い、幼稚園に送りだした。

そして先ほど帰宅。小児科の先生に見てもらった結果は

蚊刺され…

超拍子抜け〜

幼稚園休ませて病院連れてかなくてホント良かったわ。

野菜ギライ

もっとちっちゃい時は、何でも食べていたのに・・・

すっかり“野菜キライ”になってしまったジン。

ギョーザやハンバーグのように細かく刻んで肉に混ぜたり、ポタージューのようにミキシングしてしまえば「美味しい」と言って食べてくれるのだが

野菜しか入ってないおかずには全く手をつけない

毎回、刻み食にするワケもいかないし・・・料理の仕方に頭を痛める日々です

「ジンは何の野菜が好き?」と聞くと

「ハムと〜ウインナーと〜牛肉」という返事が。

お母さんは親切な人だから教えてあげるけど、そいつらは野菜じゃないぞ

野菜には、人間の体では合成できないけど、生命を維持するのに必要なビタミンやミネラルが含まれているんだぞ、と難しいことを言ってもわかるわけないし。

「今日は食べられなかったけど、明日は頑張ろうね」って笑顔で言ってあげられればいいんだけど。

その傍らでお菓子をバリバリ食べられちゃうと、なかなかそういう気にもなれないのよネ。

同じような悩みを抱えているお母さんもきっと多いハズ。子供は理屈より感覚だから、本当に難しい・・・ダメなもんはダメなんだもんね

子供に人気の戦闘モノで「ヤサレンジャー」とか「ベジタマン」とかやってくれないかな〜

野菜を食べない子は、ヒーローになれないぞ!とか、悪役をお菓子とか肉にするとか。「メタボマン」みたいな。

さえない

親の思惑どおりにいくわけないかーーー

意外にもハマってます

ジンの幼稚園は、毎週水曜日がお弁当の日だ。

どちらかといえば苦手分野なお弁当。でも週に1回だから・・・と彩りも栄養バランスも無視して、ジンの好きなものばかり入れている。そのせいか、けっこう大きなお弁当箱だけど毎回完食してくる。

あまりキャラクターに執着しないジン。だけどどうせ作るならやっぱり可愛いほうがいいかな・・・と思い、目やら口やらつけていたら、何だか楽しくなってきた

キャラ弁、とまでは言わないけど、けっこうハマってます。お弁当作り。

スポンジボブ








スポンジボブ弁当です・・・って見えねー(笑)
見せたら「ニヤっ」と笑っただけだったけど、実はけっこう嬉しいと見たぞ。

幼稚園に入ったら、かなり楽になるだろう・・・ともくろみ、ハワイアンキルトの布やらSB用アルバムやらいろいろ買い込んだワリに、ちいいいいっとも楽にならないのは何故??いや、かえって忙しくなった

やっぱり原因はジンとレイの生活パターンが一致しなくなったからでしょうか。

ジンが幼稚園に行ってる間に家事を片付けたいんだけど、レイがまとわりついて効率が悪いジンが帰ってくる直前にレイが寝ちゃうしレイが起きたら、また二人を連れて外に遊びにいかなきゃいけないし・・・

午前も午後も遊びに連れて行ってるんだよね。ピークが2度来るというか・・・

夜、寝付くのも二人別々。昼寝してるレイは元気だけど、一日遊んでるジンはクタクタ。でもレイがうるさいから、一緒に遊んじゃって、二人が寝るのはいつも8時すぎ。その頃にはワタシもヘトヘトで・・・

絶不調

親知らず⇒ジンマシンときて、今度は風邪喉をやられて、ニューハーフみたいな声になってしまった

予定もキャンセルして、家にいます。レイの相手はしなきゃいけないけど、しゃべらなくて良い分、レイのほうが楽だ。

どんなに喉が痛くても「あしかさん、あしかさん」と呼ばれれば返事をしなくちゃならないからねぇ



Profile
じんママ
ダンナさんと長男ジンと次男レイの4人家族。ブログが今、一番の楽しみなのに、チビ2人にブロックされている今日この頃。寝ている間にこっそり書いてます。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
キリンビールブログ発ブログパーツ