28a362ff.jpg




我が家の男達は野菜が苦手だ。
おひたしとかソテーとか、野菜だけのおかずは食べたくないみたい。放置しておくと、お肉食べて、ご飯食べて「ごちそうさま」

オイオイ、あんた達。
野菜はカラダにいいんだぞービタミン、ミネラル以外にもファイトケミカルやら(有名なのはポリフェノール)食物繊維やら、酵素やら、健康を保つ上で欠かせない成分がたくさん含まれているんだぞ。

特に緑黄色野菜は、抵抗力を高め、風邪とかウイルスを撃退するし、ガンを予防するし、若返りに効果ありといいことづくめ。

なのに、そんな邪険にしていいんかい。どうにかして苦手な緑のお野菜を美味しく食べてくれないかな・・・

そんなとき、ふと浮かんだのが“スウィーツ”
よもぎもちに代表されるように、緑の苦味とあんこの甘みは相性が良い。この青々とした小松菜ちゃんを、ケーキにしてみたらどうだろう・・・

【覚書】
★小松菜・・・一把 (★印は合わせてミキサーでジュース状に)
★豆乳・・・・大さじ1
★レモン汁・・小さじ1

里芋・・・・2個(すりおろす)
サツマ芋・・・50g(さいころ状に切ってレンジで加熱)

◎小麦粉・・・100g
◎ベーキングパウダー・・・小さじ1 (◎はふるう)
◎きな粉・・・30g

卵・・・1個
グレープシードオイル・・・大さじ2
マーガリン・・・60g
三温糖・・・・・70g

こんなもんだったかなあ・・・。この材料でパウンドケーキ風の生地を作り、多層鍋で焼いてみた。

卵を減らして、里芋を摩り下ろしてつなぎにしたり、きな粉を入れたりしてマクロビを意識。マーガリン少な目で、グレープシードオイルを使ったりと・・・カラダに良さそうなモンをこれでもかと言うくらい入れて焼いてみた。

そして出来上がったのがコレ。
キミョーな緑色のケーキ。

ジンもレイも「おいしいおいしい」とスゴイ勢いで食べた。ホールほとんど二人で間食したくらいだ。

しかし味見してみると

・・・ま、まずい

なんか焼き芋に小松菜をまぜちゃったみたいな味。
旦那さんも「えーいや、ちょっとあんまり・・」と3センチくらいしか食べなかった。

とてもじゃないがヒトには出せない。

小松菜のおひたしとか胡麻和えのほうがよっぽど美味しい。
なのに、なぜ子ども達がこんな喜んで食べるのか・・

なぞ

でも結果的には野菜を食べれたから、成功ということになるのだろうか。

試してみますか(笑)